人気ブログランキング |

2009年 04月 14日 ( 2 )

 「ささま書店」で、『岸部シローの 暗くならずにお金が貯まる』(主婦の友社)ほかを買う。
by taikutuotoko | 2009-04-14 02:34

 12日「ワメトークvol.4 『出版奈落の断末魔~エロ漫画の黄金時代~』刊行記念トークショー 嫌われ者の記 場外乱闘篇」ご来場ありがとうございました。

 この日はスタッフ。13時半に会場へ。「上り屋敷会館」が畳敷きの、味のあるザ・町内の会館、という感じなので、準備の手が空くとついつい寝転がって遊んでしまう。脱いだパーカーを丸めて投げあったりして、学校の合宿にみんなで来たみたいだ。武藤さんには四の字固めをくらった。ステージの方では、ミニライブがあるピッポさんがリハーサルをしている。リハーサルの歌声というのも、本番とはまた違うよさがあって、いい。

 1時間前から外に立って会場案内、開始直前に会館にもどる。有料入場者で50人くらい、満席。豆さんの挨拶のあと、ネクタイ姿のアストラ奥山さん(ミニコミ『葬』の編集長として、TVにも出演。美人)が開式の辞(葬式風)、大ウケ。主役の塩山さん、武藤さん、司会の南陀楼さんがそれぞれ缶ビールを手に(とっても低い)壇上へ。前半は武藤さん(緊張のためかまだ)本調子とはいかないものの、南陀楼さんがうまく話を転がしながら塩山さんとの場数を踏んだコンビでツボをおさえたやりとり。

 ピッポさんのミニライブ(詩の朗読もあり)が挟まる。トークの途中、それもはじめての客ばかりにもかかわらず、ライブが進むほどにお客さんがすごく盛り上がってくる。トーク前半の途中、出番が近いことを知らせにいくと、ステージ脇のちいさな空間で、ひとり膝をかかえて待っているピッポさんがいたのを、見ている。飛び跳ねて歌っているステージのピッポさんと、そのときのピッポさんを重ねながら、新曲もありのライブを楽しんだ。リハのときはいたカヒロさんの姿はみえず、ウサリンが大活躍(動き絶妙)。

 ピッポ効果か、後半になると武藤さんも武藤さんになってきた。仙台からのゲスト・いがらしみきおさん(あまり耳の聞こえがよくないそうだが、トークがやたらウマイ)も壇上へ。ぐんぐん盛り上がる。いちばん後ろから客席を見ていても、壇上と客席の一体感のある、大成功のトークだった。目白の「海賊」で打ち上げ。
 
by taikutuotoko | 2009-04-14 02:16 | 本・雑誌・新聞・書店