人気ブログランキング |

2008年 01月 14日 ( 1 )

「人はみなダチョウ倶楽部」。

 土曜日、帰りに神保町「書泉グランデ」で
 『本の雑誌』二〇〇八・二(本の雑誌社)
を買い、新刊コーナーを眺めていると『延原謙探偵小説選』(論創社)が。シャーロック・ホームズはぼくも延原ホームズで読んだなぁ。東京メトロでもらえるフリーペーパー『ゴールデン ミニッツ』(スターツ出版)二〇号、片岡義男さんの連載にもちょうど出ていた。
 〈延原謙という翻訳家によって日本語になったシャーロック・ホームズを僕が新潮文庫で読んだのは、中学生の頃だった。この翻訳の素晴らしさをいまでもぼくの記憶に鮮明に刻まれている。日本語に対する最初の感動だったと言っていい。〉

 要町の「ブックオフ」にも寄って
 『鬼平犯科帳 (一)』(文春文庫/池波正太郎著)
 『風の谷のあの人と結婚する方法』(ベースボール・マガジン社/須藤元気著)
を買う。一〇五円。
 『日本の名随筆 別巻74 辞書』(作品社/柳瀬尚紀編)
 『風の谷のあの人と結婚する方法』(ベースボール・マガジン社/須藤元気著)
を読了。〈人生なんて所詮はギャグですから、人はみなダチョウ倶楽部です。宇宙から見たら、地球は芥子粒よりも小さいし、その芥子粒サイズの地球の上にいるさらに本当に小さい生き物が自分たちです。もちろんダチョウ倶楽部がちっぽけという意味ではありません。〉とかなんとか。タレントエッセイというか、なかなかよく出来た「自己啓発本」。


 大学時代のゼミの総会があり、予算の関係で二次会から顔を出す。教授の娘さんが美人なので驚いた。残党と始発まで。日曜は夕方まで寝り、録っておいたビデオを観る。
by taikutuotoko | 2008-01-14 00:12 | 本・雑誌・新聞・書店