2006年 04月 23日 ( 1 )

日曜だなぁ。

 部屋着にツッカケで近所の新聞屋へ。朝日の方が近いから朝日を買うつもりだったが、急にあることを思い出し少し先の販売店まで。「ニュースくん」(新聞の自販機)に一〇〇円投入、「東京新聞」を買う。書評欄の「この人この本」に、「古書現世」の向井さん登場。このあいだ現世に寄った日が取材日で、向井さんから愉しい裏話をあわせて聞いていたのだった。

 きょうは(新聞買った以外は)散歩もせず、部屋でラジオと読書。
 『若者殺しの時代』(講談社現代新書/堀井憲一郎著) 
 『海野弘 本を旅する』(ポプラ社/海野弘著)
を読んだ。

 
 三日間かかって、WBCの例のアメリカ人審判の名前を思い出した。いやぁ、スッキリ。
[PR]
by taikutuotoko | 2006-04-23 18:37 | 本・雑誌・新聞・書店