人気ブログランキング |

2005年 02月 28日 ( 2 )

ジュンク堂で、声かけ失敗。

 池袋のジュンク堂書店に寄る。予定していた本ばかりで、ちょっとツマラナイけどね。

 『メディア異人列伝』(晶文社/永江朗著)
 『私の体を通り過ぎていった雑誌たち』(新潮社/坪内祐三著)
 『ぼくの大好きな俳優たち 植草甚一スクラップ・ブック3』(晶文社/植草甚一著)
 『ニューロックの真実の世界 植草甚一スクラップ・ブック21』(晶文社/植草甚一著)
 『ぼくのニューヨーク案内 植草甚一スクラップ・ブック33』(晶文社/植草甚一著)
 『彷書月刊 二〇〇五年3月号』(彷徨舎/特集:マキノ撮影所)
 『ラジオDEパンチ Vol.01』(白夜書房/笑芸人編)
を買った。ほかにも欲しいのはあったのだけど、お金が足りず、これでオシマイ。

 『ラジオDEパンチ』は、『笑芸人 Vol.14』がラジオ特集だったので、その流れかな。ふろくCD付き。表紙はテリー伊藤さん(ニッポン放送)と伊集院光さん(TBS)。テリーさんの番組は久しく聴いていないナァ。

 三階の新刊平台のところで、田口副店長が立ち読みをしているのを見かけた(格好は私服なので、お店のひとが立ち読みしている、と客には思われていないハズです)。すぐ横には
 『書店風雲録』(本の雑誌社/田口久美子著)
が積んであったので、本を指さして「これ、読みましたよ」と声をかけてみたのだ。

 すると田口さん、びっくりしたようで、「えっ、あっ、はい、こんなところで、あっ・・・」と言いながら(たしかそういったような気がするけど…)、奥の方に逃げていってしまった。とつぜん声かけちゃって、ごめんなさい。「田口さんですか」くらいの前置きがひつようだったと反省。

 そうだ、ついでだから「古書往来座」に寄っていこう。もうお金がないから、なにも買えないけど。
 入り口すぐのところに、「常設小特集 雑司ヶ谷に眠る。」というコーナーが設けられている。雑司ヶ谷霊園がすぐちかくだからね。古本のほか、霊園内の地図や「雑司ヶ谷霊園埋葬者著名人一覧」などを見ることができる。へぇ、あのひともココなんだねぇ、とおもしろかった。
by taikutuotoko | 2005-02-28 20:24 | 本・雑誌・新聞・書店

南池袋に古書往来座あり。

 南池袋にある「古書 往来座」さんの名を、さいきんブログでよく見かける。

 ぼくも好きな店で、じつをいうと、あまり知られたくない気もしたりして(なんてココロの狭いヤツ!)、このブログにも〈南池袋の古本屋〉とか書いてゴマかしていたこともあったのだけど、こうなったら大いに宣伝しようではないか。

 〇四年六月二二日の「新・読前読後」では、池袋の古本屋にふれている。ここに書いてあるように、東京芸術劇場の下にあった「古本大學」が、南池袋に移転したのが、「古書 往来座」なのだ。また西口がサビシクなっちゃったってわけ。芳林堂書店から古本大學、っていうコースがあったんだけどね。
 
 江古田の某古本屋のオニイサンは、「古本大學が移転した」という話をきいて(ぼくが言ったのだけど)、「あそこ場所がわるいわりに家賃高そうですもんね」と言っていたナ、そういえば。

 〇五年一月二五日の「古書店データベース」に、この店の特徴が述べられているのだけど、そうなんだよね、ルーペが棚にあるんです。

 さて、この店のBGMだけど、ぼくが行くときは日本のアングラ・フォークとか、アメリカのシンガー・ソングライターなどがよくかかっていることが多い。〇五年一月三〇日の「新・読前読後」のコメント欄でkanetakuさんは、〈昨日は祭囃子のようなBGMがエンドレスに流されていて〉と書いている。う~ん、どんな曲だったのかなぁ。

 〇五年二月一九日の「とり、本屋さんにゆく」では、店員さんについてふれているが、たしかに店員さんの雰囲気もとてもイイのだ。

 〇五年二月二五日の「ナンダロウアヤシゲな日々」では、〈今日は買いたい本が見つからなかったが、いつかゴソッと買う機会があるかもしれない。〉と書いている。そういう期待をもたせてくれる店、ということ。

 上ふたつのブログでこの店を知ったということで、二七日の「晩鮭亭日常」も、往来座に行ったみたようす。講談社文芸文庫は、ほんと、並みの新刊書店より充実しているんだよね。価格は半額(よりチョイ上)程度だったと記憶。

 ちくま(学芸)文庫、講談社学術・文芸文庫の充実ぶり、というのが、わかりやすいこの店の特徴かもしれない。出たばかりでも、けっこう棚に並んでいるもの。出版社や著者にはわるいが、ついついここをチェックしてから、ということになるわけだ。

 早稲田の古本街から池袋に徒歩で帰ってくるときは、さいごに往来座に寄って、ということがよくある。東池袋は「光芳書店」の各店、西池袋は「八勝堂書店」(「池袋古書館」もイイけどね)、というのが、池袋の古本屋勢力図という感じだけど、南池袋の「古書往来座」もわすれちゃいけないのだ。

 さて、寝ようかとおもったが、NHKで『アニメ夜話』の再放送をやってる。アニメにもガンダムにもあまり興味ないが、乾貴美子さんが出てるんで見ようっと。 
by taikutuotoko | 2005-02-28 01:32 | 本・雑誌・新聞・書店