人気ブログランキング |

古本街もゆく。

  h_osd さんのブログ
 読書手帖 / 引用の織物
が、『〔133〕 <出版界の三茂雄>』(九月六日)、『〔134〕 東京人10月号「神田神保町の歩き方」』(九月七日)を書いている。

 で、それを読んでいたら、ぼくもそのヘンの本を紹介したくなったのだけれど、手元の本では、てきとうなモノが浮かばない。もっと、一般的なものがないかなぁって。じゃあ、買ってこようかな、なにがいいだろう、とかんがえたところ、あの「国民的作家」のあのシリーズに、たしかあったハズじゃないか、って。

 と、いうわけで
 『本所深川散歩・神田界隈 街道をゆく36』(朝日文庫/司馬遼太郎著)
を買うため、帰りに池袋のジュンク堂によってきた。
 『20世紀モノ語り』(創元ライブラリ/紀田順一郎著)
 『孤独のグルメ』(扶桑社文庫/久住昌之原作/谷口ジロー作画)
もついでに購入。ジュンク堂のPR誌『書標』(九月号)もついでにもらってきた。
 
 古本街といえば紀田さんも欠かせないよね。『孤独~』はみょうなマンガで、文庫になっているのはしらなかったから、見つけたときはうれしかった。

 買ってきただけで疲れてしまったし、まだ読んでないので、内容の紹介はできないけれど、有名なシリーズだから、その必要もないかな。ただ、あのシリーズのなかに神田界隈をあつかったものがあるよ、というはなし。目次をみても、「三人の茂雄」などがある。
 
 とにかく、このシリーズは、ちいさな本屋でも、けっこう揃っていることがおおいから、だれでも手に入れやすいとおもうよ。 

 フラグメンツ(ライター日記)
をリンクに追加。
by taikutuotoko | 2004-09-08 20:02 | 本・雑誌・新聞・書店


<< 戦争と情報操作。 他人にとっての「アメリカ」。 >>