初日。

 帰りに神保町「ダイバー」へ。四九発駆会の「ふるぽん秘境めぐり」初日。あれこれと手直しをする。あとから四谷書房さんがいらっしゃった。四谷さんは単行本五〇〇円、新書一〇〇円の均一価格で出品中。あれこれ話す。

 ちなみに、初日の「退屈文庫」(今回は、三〇〇円均一)で売れたのは、
 『決戦下のユートピア』(文藝春秋/荒俣宏著)
 『教科書の詩をよみかえす』(ちくまプリマーブックス/川崎洋著)
 『L文学完全読本』(マガジンハウス/斎藤美奈子編著)
 『腹が鳴る鳴る』(講談社/金子信雄著)
 『新著百選』(朝日新聞社/丸谷才一・伊東光晴編)
 『夕暮れに苺を植えて』(新潮社/足立巻一著)
でした。


 「外市」のチラシをもらいに池袋「古書 往来座」へ。あ、「リコシェ」の阿部さんだ。ワメトークの準備中なのだとか。ちょいと荷物を覗いてみると……ん、あっ、それいーなー。
 おおっ、新しい「不忍ブックストリートMAP」もあるじゃないですか。
 『本の雑誌』(38)(46)を各五〇円で買い、漢検の問題集も寝る前にやろうかなと思って二冊買う。一〇〇円。PCばっかり使っていると漢字忘れるもんなぁ。均一用だったがもう要らない、そういえば退屈さん最近コトバの本よく読むんでしょ、というので「ことばシリーズ」(文化庁)を大量にくださる。どうも。
[PR]
by taikutuotoko | 2007-04-20 00:08 | 本・雑誌・新聞・書店


<< まだ見つけていないけど。 明日から「ふるぽん秘境めぐり」。 >>