帰りに神保町「ダイバー」へ。Hさんから『モツ煮狂い 第一集』(平成烏有堂/クドウヒロミ著)というミニコミをいただき、近くの「銀漢亭」で話をきく(ツマミに鶏モツ)。常連さんが「友人が作ったんだけど」と持ち込んだものだそうで、いまのところダイバーだけ、とか。お客さんがそういう話をしやすいところがダイバーだなぁ。二〇軒の居酒屋(と、そこの煮込み)紹介と、モツ料理のレシピが五点載っている。ぼくの好みでいうと、文章と企画にもう少しモツ煮感とアルコール度数が欲しいかな。三二項(たぶん自家製)、三五〇円。数タイトルつづけるようならダイバーとしてもおもしろいと思う。

 『ぼくは浅草の不良少年 実録サトウ・ハチロー伝』(作品社/玉川しんめい著)
を買った。一〇〇〇円。Sさんが「玉川信明ったらアレだよな、アナキストの……」というので「辻潤ですよね」とこたえる。
 『借家と古本 コクテイル文庫No.1』(コクテイル書房/荻原魚雷著)
を読んだばかりだったからね。「人類の保険、ジンルイノホケン……」と心の中でつぶやきながら帰る。『借家と古本』書肆アクセス」にも入荷しているそうです。

 ずいぶん前に紹介したサイト「万治くらぶ」を久しぶりに覗いたら最新号は二〇〇号になっていた。永倉万治と中高の同級生だったひとが運営しているのだが、HPってなかなかこんな風には更新が継続されないものだから、えらいもんだよな。

 土曜日、いったん帰宅してから夜の高速バスで帰省します。たぶん二、三日更新ナシかと。さ、荷支度するべぇか。 
[PR]
by taikutuotoko | 2006-09-16 01:50 | 本・雑誌・新聞・書店


<< 帰京。 メモ。 >>