来年、神保町に。

 昼休みにケータイでブログを読んでいると、ン!という記事が。「岩波ブックセンター」柴田信社長のブログ「神田・神保町再生プロジェクト」地下鉄・神保町と映画館と演芸場だ。来年三月、神保町に新しい映画館・演芸場(劇場?)が出来るって! 
 帰りに現場を確認してきた。すずらん通りにある「Sバーミヤン」の脇の道を行くとすぐだ。いまはまだ写真のとおり。注文者は「小学館」となっていたぞ。

 『伝書鳩 もうひとつのIT』(文春新書/黒岩比佐子著)
を読みおえた。先日のUBCでのトークショーについては、「daily-sumus」つぎつぎと書に手をつける梅雨入前がくわしいです。
 また、きのうは「書泉グランデ」で
 『会社法入門』(岩波新書/神田秀樹著)
を購入。すこし読む。

 「人文書院」のサイトに福嶋聡(ジュンク堂書店池袋本店副店長)さんの連載「本屋とコンピュータ」があるのを見つけた。(何年も前からある連載なので、見つけた、というよりも、いままで知らなかった、という感じ)

 「asahi.com」ネットで流行「アインシュタインの予言」、人違い?がちょっとおもしろい。
 おもしろい、といえば、二日の「腰痛日記@川崎追分町(旧・読書日記@川崎追分町)」、村崎百郎ごっこ(写真のみ)がサイコウだよなぁ。
[PR]
by taikutuotoko | 2006-06-07 19:20 | 本・雑誌・新聞・書店


<< 新しい文省堂へ。 新文芸坐で「脇役列伝」。 >>