準備にあるく。

 きょうもずいぶん歩いた。江古田練馬中板橋大山池袋要町。たまには別のトコロにも行けばいいのに、と思うんだけど、まぁね。

 江古田の「根元書房」(日芸前店)で
 『私ひとりの私』(講談社文庫/石川達三著)
 『外国語上達法』(岩波新書/千野栄一著)
を買う。各一〇〇円。石川本は持っているけど、カバーが初期の緑のものなので購入。
 練馬の「ブックオフ」で
 『経済学を学ぶ』(ちくま新書/岩田規久男著)
を、一〇五円。

 中板橋の「ブックオフ」では
 『セントラルアパート物語』(集英社/浅井慎平著)
 『マエタケのテレビ半生記』(いそっぷ社/前田武彦著)
 『わたしが上岡龍太郎です』(ブックマン社/上岡龍太郎BM研究会著)
 『大阪迷走記』(新潮社/阿部牧郎著)
 『Jポップの心象風景』(文春新書/烏賀陽弘道著)
を買う。各一〇五円。ひさしぶりに大山の「ぶっくめいと」に行ったが臨時休業でざんねん。

 『私の二十世紀書店』(中公新書/長田弘著)
 『英語達人列伝 あっぱれ、日本人の英語』(中公新書/斎藤兆史著)
を読んだ。
 『英語達人列伝』(副題がイマイチだよなぁ)で取りあげられている「英語達人」は、新渡戸稲造
・岡倉天心・斎藤秀三郎・鈴木大拙・幣原喜重郎・野口英世・斎藤博・岩崎民平・西脇順三郎・白洲次郎。

 第二回「不忍ブックストリート一箱古本市」の店主(配置)一覧が出た(「古本退屈男」は「古書ほうろう」さん前)。本の品揃えだけではアピールするのがむずかしいから、ほかのことでも愉しんでもらおう、と考えてまっす。きょうも、散歩というよりその準備なのでした。今後も休日は晴れてくれないと困るよぉ、もちろん当日も! 
[PR]
by taikutuotoko | 2006-04-09 23:13 | 本・雑誌・新聞・書店


<< 電筆将軍。 がまんできない子。 >>