気になる『ワンコイン悦楽堂』と竹信悦夫。

 「ジュンク堂書店日記」百円本の書評集『ワンコイン悦楽堂』で、新刊の
 『ワンコイン悦楽堂 ミネルヴァの泉は百円本の森に降り立つ』(情報センター出版局/竹信悦夫著)
が紹介されていて気になる。

 内田樹さんと高橋源一郎さんの対談も収録されている、という。高橋さんは中・高で、内田さんは大学で、竹信さんと知り合った。朝日新聞で働いていたが、マレーシアで遊泳中、心臓麻痺で亡くなったのだそうだ。高橋さんは〇四年九月二日の日記でこの同級生を〈ぼくの文学上の「先生」だった〉と書いている。内田さんもフランスへろへろ日記(後半)の九月二日のところでその訃報について書いており、〈『寝ながら学べる・・・』というのも30年前に久品仏の私の下宿で、竹信くんがこたつの中でぽろりと口にしたコピーをそのままお借りしたのである〉などとある。タカハシさんが来るでは高橋さんとの対談のときのことを。気になる本である。
[PR]
by taikutuotoko | 2005-12-11 20:27 | 本・雑誌・新聞・書店


<< アクセス刑事だっ! 気になる番地の並び方。 >>