『成城だより』に手をつける。

 パ、いやプロ野球全体の制度改革のことが頭からはなれず、いちにち作業が上の空であった。う~む。

 『東京つれずれ草』(ちくま文庫/川本三郎著)
を読んだ。

 
 一五日の「エエジャナイカ」を読み、そういえば、と
 『成城だより』(文藝春秋/大岡昇平著)
を読みはじめる。講談社文芸文庫版を買おうと思っていたら、大山の古本屋で単行本全三冊を一冊二〇〇円で買えたときはラッキーと思ったもんだ。大山「ぶっくめいと」では、店内はモチロン、店頭均一本にもたいていグラシン紙がかかっていて、整然と棚に収まっているが値段も手ごろ。好きな店だ。ひさしく覗いてないからそのうち行こうっと。


 一八日の「本屋のほんね」がおもしろかった。「宮脇書店」、地元のジャスコにも入ったなぁ。それにしても
 〈2階にきました。うわ何だこれは!何と2階には神社が建っています。えー「朝日神社」と書いていますね。鳥居も参道も社殿もある立派な神社です。私もいろいろ書店を見てきましたが、神社が建っている書店に来たのは初めてです。多分最後になる気もします。〉

 神社!
[PR]
by taikutuotoko | 2005-10-19 00:30 | 本・雑誌・新聞・書店


<< おれは知らん。 カレーのにおいが。 >>