筑摩書房をチェック。

 「筑摩書房」の「近刊案内」で一一月の予定をみる。

 『時代小説盛衰史』(筑摩書房/大村彦次郎著)
が気になるなぁ。二九〇〇円かぁ。

 「ちくま文庫」については、こないだお知らせしたので省く。各自で見てくださいな。(杉作J太郎さんが登場、「クラフト・エヴィング商會」の吉田篤弘さんのもあり。佐高信さんや保阪正康さんも「ちくま文庫」は初めてじゃないの?)。

 『萌える男』(ちくま新書/本田透著)
の本田透さんというのは、ほかの方のブログでよく目にする名だ。注目の本なのか。 杉作さんのとセット買い、となったりするのかしら。

 書名にはあまり魅力を感じないけど、『よく生きる』(ちくま新書)の岩田靖夫さんは、『ヨーロッパ思想入門』(岩波ジュニア新書)が評判だった。

 ほかにも気になる本はいくつかあるようだ。

 四日の「東川端参丁目の備忘録」で知ったのだが、いぜん当ブログで話題にした
 『昭和ジャズ喫茶伝説』(平凡社/平岡正明著)
は、一〇月発売ということがわかった。
[PR]
by taikutuotoko | 2005-10-04 02:19 | 本・雑誌・新聞・書店


<< 「コラムの花道」がDLできるぞ。 青空古本祭でちょっと買う。 >>