大山で八冊。

 大山の「ぶっくめいと」へ。

 『『風流夢譚』事件以後 編集者の自分史』(田畑書店/中村智子著)
 『日の移ろい』(中公文庫/島尾敏雄著)
が、各五〇〇円。
 『本とつきあう法』(筑摩書房/中野重治著)
が、四五〇円。
 『下駄の向くまま 新東京百景』(講談社文庫/滝田ゆう著)
が、四〇〇円。

 『現代作家 その世界』(みき書房/山本容郎著)
 『林達夫著作集6 書籍の周囲』(平凡社/林達夫著)
が、各三〇〇円。

 『ケースケランド』(集英社文庫/桑田佳祐著)
 『季刊・本とコンピュータ 9』(1999年夏号/トランスアート)
が、各一〇〇円。

 うーむ、(この時期のぼくには)思い切った散財。この店に来ると、ついあれもこれもと買っちゃうなぁ。二五日まで、あと一五〇〇円しかないのだけど……まぁ、いいか。

 津野海太郎さんが『新・本とつきあう法』を書いているが、『新』は中野『本と~』に対応したもの。『日の移ろい』は、『続』とのセットで一五〇〇円もあったが、手が出ず。第一期の『本とコンピュータ』は、以前にもここの一〇〇円棚(三冊で二〇〇円)から「2」~「8」を買っている。滝田本は、一九日の「新・続前読後」の影響でだろうな。

 『ぼうふら漂遊記』(新潮文庫/色川武大著)
 『カッパ大将 神吉晴夫奮戦記』(オリオン社/片柳忠男著)
を読んだ。もう一冊、読了本はあるけれど、それについてはまたあとで書くつもり。

 あ、それから。
 『ハートランドからの手紙』(角川文庫/佐野元春著)
が部屋にあるのを見つけたのだが、いつどこで買ったものだか忘れてしまった(ブックオフの一〇五円シールが貼ってあるが)。どうも、ブログには書き漏らしているようだ。五月に買ったのだと思うが……うーん、思い出せない。
[PR]
by taikutuotoko | 2005-05-22 19:52 | 本・雑誌・新聞・書店


<< ナンダロウさんの「この店で買っ... 「本と蔵書票の集い」IN横浜。 >>