オンライン書店はこわい?

 オンライン書店をつかいはじめたのは、つい最近のことなんだけど、ほんとうに便利。でも、リアル書店という空間はだいすきだから、うまく使い分けていくつもり。
 で、オンライン書店に雑誌のバックナンバーを注文していたんだ。コンビニエンスストアーで受けとれるサービスやっているところ。きょうは二冊。あと十冊くらいは後日になるんだけど、オンライン書店で気をつけないといけないのは、財布と相談しないでどんどん注文しちゃうところだね。あぶないなぁ。

 きょうは仕事あったから、本は一冊。
 『アラブが見た十字軍』(ちくま学芸文庫/アミン・マアルーフ著/牟田口義郎・新川雅子訳)

 十字軍遠征とはアラブにとってなんだったか、だけでなく、そのころのアラブの政治がどんなものだったかなどが、三国志ばりの壮大な物語としてよめるんだ。
 評判にもなったし、とてもおもしろい本で、「訳者あとがき」だけでも読む価値がある。
 
 この時代の不気味な存在をあつかった
 『暗殺者教国 イスラム異端派の歴史』(岩村忍著)
ていう本が同じく「ちくま学芸文庫」にあるんだけど、こんど読んでみようっと。
[PR]
# by taikutuotoko | 2004-06-10 23:49 | 本・雑誌・新聞・書店

さいしょは、やっぱり暇だった日。ぼくは本を読む。

 きょうから、読書したり、散歩したり、考えたりしたことを徒然と書いていくつもり。

 日中はひまだったから、読書の時間にしたんだ。
 
 『アメリカの鱒釣り』(晶文社/リチャード・ブローティガン著/藤本和子訳)
 『印刷はどこへ行くのか』(晶文社/中西秀彦著)
 『人を殺せと言われれば、殺すのか  自由のための書評&ルポ集』(太陽企画出版/斉藤貴男著)

 『アメリカの鱒釣り』は、晶文社のにおいがすごくしてくる本だ。

 このまえ斎藤さんの講演会に行ってきたばかりなんだけど、いまの政権に象徴される自称エリートその実は思い上がったボンボン連たちの、人間を見下した発想にたいして、ほんとうに怒ることができなくなっているのが、いまの社会だし多くのひとたちだろう。斎藤さんは、怒ることを忘れない。怒らないと、なんとなくのうちに「人を殺せと言われて、殺してしまう」社会になってしまうかもしれない。
 
 本の印刷技術の進化は、出版文化の変革そのものだ。中西さんのこの本は、ちょっと内容がふるいけど、基本のながれがわかる。それも、伝統ある印刷業者の立場からで、みずからが変わる主体だというのが、ポイント。
 ぼくたちは、自筆でもなく印刷するでもない文字を、日々こうやってパソコンにむかって送り込んでるけど、ほとんどの文章が残らないで消えていく。これは、文字というより、はなし言葉に近いのではないかな。
 佐野眞一『本を誰が殺すのか』が増補版になって新潮文庫にはいった。新しいところまでカバーしている。本好きなら、単行本で読んでいても、ぜひ。
 
 きょう買った本は文庫一冊、双葉文庫だ。
 『『坊っちゃん』の時代 第四部 明治流星雨』(双葉文庫/関川夏央・谷口ジロー著)

 これからは雨の時期だから、散歩より読書ばっかりになるんだろうなぁ。
 
[PR]
# by taikutuotoko | 2004-06-09 23:41 | 本・雑誌・新聞・書店