<   2009年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

 映画『めし』DVDを観たりしたあと、人から借りたままだった『林芙美子随筆集』に手をつける。ややっ、おもしろいではないか。そういえばいまの『暮らしの手帖』に「林芙美子記念館」のことが書いてあったな、などとおもいだし、河出の林芙美子ムックをぱらぱらやったり三浦展『大人のための東京散歩案内』ですこし予習してから自転車にまたがる。往来座に顔を出してから目白方面へ。「おとめ山公園」(がおもった以上にひっそりしていて、こわい)に寄ってから、これが妙正寺川だな、とおもった川に沿って走っていったらそれは神田川で(流れを見りゃすぐわかるだろうに)小滝橋に出ちゃったりして、もどりつつ中井駅周辺へ。

 「林芙美子記念館」は、休館日(月)だった。自転車をとめて、随筆集の「落合町山川記」をふたたび読む。記念館の下の掲示板に、目白から落合一帯に住まった文化人の地図があり、そのふたつを参考にしながらあたりをしばらくうろうろ。「もぐら横丁」なんて、すぐだ。林芙美子がここにはじめて移ってきたときの字上落合三輪というのは近くに「三ノ輪湯」があることですぐに知れる。尾崎翠、尾崎一雄、檀一雄・・・そんな名前をおもい浮かべながら行ったり来たり。商店街のはずれのわさっとした荒物屋で、「処分特価100円!」というそれなりにちゃんとしたお盆(日が落ちかかったようなかたちの大きな木製の)を購入。おじちゃんに「おにいさん、そんな荷台のないkァtァwァな自転車に乗ってちゃだめだよ~」と言われつつ、リックサックから半分飛び出しながらも押しこんでふたたび走る。あ、斎場。かわらずこの場所なのかな。「なめくじ横丁」はこのへんかしらん。川と線路をはさんで南のほうの上落合はとにかく入り組んだ細い路のまちで、記念館のある北の方は坂と石段と高台のまちだ。

 東長崎のほうへすこし走っていくと、さきほどの地図で千家元麿が住まったらしそうなあたりに出た。耕治人の小説をおもいだす。あのときの家はここのことなのかしら。帰宅して文庫本をひらいてみるとかすかに記憶にあったとおり「東長崎」が出てくる。ちょっと可能性はあるのかな。新潮文庫の千家元麿詩集が部屋のどこかにあるはずだけど、それを読んでもわからんだろなぁ。見あたらないしなぁ。

  帰宅してから見つけたブログChinchiko Papalogを読んだりして、また来ようこの町。


  早稲田青空古本祭、10月1日(木)~6日(火) 10~19時(最終日17時マデ) 穴八幡宮境内にて!
[PR]
by taikutuotoko | 2009-09-29 01:57 | 本・雑誌・新聞・書店

 いまちょっと、古本関係の過去のイベント情報をあれこれと調べているんですが・・・どうにも、全貌どころか漠然とした内容、日時すら判明しにくいものがあって大変ですな。

 高円寺「ハチマクラ」さんの店内イベントです。
 「にっぽんの古い文房具展」(10月7~12日)。外市でも大人気のハチマクラさん文具。買って使えば、机の上が文具のワンダーランドに。
 
 わめぞブログにて、わめぞ書店員乃木繭子さんの雑司が谷白想 2アップされてます。


秋も一箱古本市2009 は10月10日!


 小熊英二『〈民主〉と〈愛国〉』をいまさら読み中。『わたしの渡世日記 下』と併読。
[PR]
by taikutuotoko | 2009-09-27 02:21 | 本・雑誌・新聞・書店

 おそくなりましたが、20日の「みちくさ市」、ありがとうございました。天候も良すぎで、ちょっとコマるほどでした。個人的には、「古書すずめ」(出店場所:青果ツカモトヤ)さんが好きでした。こういうイベントははじめての参加とのことでしたが、またよろしくおねがいします。


 夜、バイト帰りにジュンク堂にむかっていると、往来座のまえで向井さんと岡島さんが。わめぞポスターを貼ってきたところとのこと。ごくろうさまです。早稲田青空古本祭は10月1日から!往来座で、ゲルハルト・プラウゼ『天才の通信簿』(講談社文庫)購入。
 ジュンク堂へ。もう満員でしめきったようだが小池昌代と穂村弘でイベントをやる(10/1)生活人新書『通勤電車でよむ詩集』などをチェック。小池編の詩のアンソロジーで、朝の電車用、午後の電車用、夜の電車用というふうに章わけしてるのがおもしろい。『岩波国語辞典』7版のチラシをもらったら、装丁:名久井直子だって。もうすこしやわらかい感じの辞典の装丁はたしかやっていたとおもうけど、あの『岩波国語』が、というのはなんだかびっくり。まぁ辞書だから函の方のデザインがおもなのかな。
[PR]
by taikutuotoko | 2009-09-25 01:45 | 本・雑誌・新聞・書店

みちくさ市

 この天気だと、おそらく明日は「鬼子母神通り みちくさ市」は開催できのではないかとおもいます(晴ーりー最高)。よろしくおねがいします。当日、参加者の方で、食事・トイレ・ぶらぶらしてきたい等ありましたら名札を見てわたしに声をかけてください。店番かわります。

 いちおう、当日の朝7:00に天候による開催の有無を決定します。以下のサイトを参照ください。
 みちくさ市ブログ
 みちくさ市携帯サイト
 わめぞブログ

 
[PR]
by taikutuotoko | 2009-09-19 09:17

 ひさしぶりに心臓がばくばくいった。夕方しごと帰り、鬼子母神通りをぬけて明治通りに出たとたん、何台もの消防車と人の群れが。こげた臭いもする。ミニストップより先は進めず、反対側にわたるなりしてくださいと警官にとめられる。その先って「古書往来座」のあるビルじゃないですか。吃驚して電話すると向井さんにはつながった。すこし前まで現場にいたらしく、事情をきく。おなじビルのだいぶ上の方の階が燃えたそうで、とりあえず往来座には被害はなさそうとのこと(でも、大変だよなぁ)。見上げるとたしかに黒こげの場所が。道路をわたって反対から見ると、非常階段からは水が流れつづけているが、もうほとんどおさまったころだったようだ。まだ周辺は騒然としていたけれど。
[PR]
by taikutuotoko | 2009-09-17 22:04

 自転車で新宿から神保町へ。とちゅうの「ブックオフ」で水木楊『エコノミスト三国志』など。「岩波BC」で某小冊子(105円)を買い、レジ前にあった『図書』と『ちくま新書 書評セレクション』をいただく。こんなの出てたのか。各新聞の読書面に掲載されたちくま新書の書評をセレクトして再録したものだ。

 小宮山の横で「外市」仲間の「ブック・ダイバー」へ。Hさんが、「昨日の日経に片岡義男さんのエッセイが載ってたよ」と切り抜きをみせてくれる。「残暑好日、喫茶店のはしご」、神保町の喫茶店再訪。Hさんは「きっとあのお店じゃない?」などと推測していた。片岡さんといえば『図書』に連載中のエッセイでもたびたび神保町がでてくる。さっき貰ってきた9月号はどうかな、と開いてみたけど今号では登場しなかったな。店主の仙波さんが『本の街』に書いている連載を読んだら、三省堂のとなりに「なか卯」がオープンしたことについて「絶句的感慨」と。
 ダイバーは明日から「ふるぽん秘境めぐり」(15~19日)です。

 池袋の「古書往来座」へ行くと「立石書店」岡島さんも。要町「ブ」へ。岡島さんの大判本ハンティングをちらっと鑑賞しました。


 20日は「みちくさ市」! 晴ーりー頑張れ!!
[PR]
by taikutuotoko | 2009-09-15 01:48 | 本・雑誌・新聞・書店

 講談社の『G2』があんまり魅力的でない感じなので(すみません、ちゃんと読んだわけでなく、書店で手にしただけの感想)、横に積んであったブックガイド『現代プレミア ノンフィクションと教養』の方を買って読む。伊藤昌哉『自民党戦国史』や立花隆『日本共産党の研究』読んでないなぁ。そのうち。青木理の『死刑執行』はすごそう。各寄稿者プロフィールの下に「My Bookmark」欄があって、よく見るサイトをあげさせているのはよいのだけど、いまいち回答におもしろいものがないのは残念。
 書店巡りのコーナーで「丸善」を訪れた佐藤優が、〈スパイというのは大体、書店で接触するんですよ。書店なら長時間いてもおかしくないし、外国人が洋書コーナーにいてもおかしくないでしょう。〉と言っていたので、こんどから本屋でガイジンをみたらスパイだとおもうことにしよう。

 藤田節子『キーワード検索がわかる』(ちくま新書)はさっと読めるしなかなか勉強になったのだけど、「目次と索引の違い」というコラムの中で、
 〈一方、索引は、対象とする情報内容--たとえば本の中に書かれた内容を、もれなく迅速に探し出すためにあります。索引をみて、本の内容を把握し、購入を決める人はいません。〉
と書いているのは、そんなことないよなー、とおもう。


 鬼子母神通り みちくさ市、20日です!
[PR]
by taikutuotoko | 2009-09-12 21:30 | 本・雑誌・新聞・書店

 「外市」、ご来場ありがとうございました~。近くで祭りもあり、往来座のまえを神輿やお囃子がとおる、にぎやかな外市でありました。


 今日はブックオフで小沢信男『東京の人に送る恋文』を見つけ、よころんで買ったきた。daily-sumusを読んだら小沢さんの新刊『東京骨灰紀行』のことが書いてある。ん~、読みたい。
[PR]
by taikutuotoko | 2009-09-08 02:47

 「みちくさ市」募集締め切りました!ありがとうございます。

 選挙の翌日、新聞を買いにコンビニにいったらほとんど売り切れで、「内外タイムス」を手にしたらなんと最終号だった(総選挙の話題は4面にやっと)。記念に買ってしまったが・・・どうしようこれ。ちなみに1日から「リアルスポーツ」という名前になって出ています。


 5・6日は「外市」です!

 Pippoのポエトリーカフェ 第一回目も参加者募集中~
[PR]
by taikutuotoko | 2009-09-04 00:40

 鬼子母神通り みちくさ市の出店募集、のこりわずかです。よろしく~。


 研ぎ猫さん主宰の食事会「日の出会」へ。鍋やらとんかつを。さいきんはカネがなく、昼メシは卵をなにかしら適当に調理して食パンにはさんで食うだけですまして午後からのバイトに出かけているので、猛烈にたすかる。帰りにみんなでツタヤへ。武藤さんとu-senくんがふたりでアダルトコーナーに消えていった。

 ひさしぶりに『江分利満氏の優雅な生活』を再読中。数ヶ月まえに観た岡本喜八監督の映画版(DVD)がとてもよかったので、そのうちとおもっていたのだった。


 今週末(5・6日)は外市であります。
[PR]
by taikutuotoko | 2009-09-03 00:17 | 本・雑誌・新聞・書店