<   2008年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧

 higonosukeさんに川北稔『砂糖の世界史』(岩波ジュニア新書)をオススメしてもらう。いくらでも見かけるが持ってないハズ。ということで休日の水曜日に「ブックオフ」(江古田・練馬・練馬高野台)と「一信堂書店」(練馬)へ。うーん、半額くらいではあるのだが、一〇五円棚にはナシ、また今度、とする。代わりに東君平『100杯目の水割り』(講談社文庫)ほか一五冊ほど購入。

 岡島さんからの呼び出しで池袋へ、「わめぞ」のミニ飲み会、東通りの「世界の山ちゃん」。向井・岡島・武藤・金子さんと飲んでいると、向井さんに着信あり。しばらくして木村衣有子さん、遠藤哲夫さん、『エルマガジン』のMさんがやってくる。木村さんは外市でお見かけしたことがある程度、エンテツさんは初めてお会いする。エルマガって東京支社があるんですねぇ。東京と関西(にもいろいろ)の取材の反応のちがいを聞く。お三方は荻窪で飲んでいたそうで、もうけっこうイイ感じ。順調にガラスのコップやら灰皿を割る。あ、灰皿はおれか。武藤さんがエンテツさんを質問ぜめしていておもしろかったなぁ。木村さんがステキに酔っていく…。
 一一時過ぎに店を出るが、木村さん「向井さんともっと飲みたい~」と言うので、三人でカラオケ。木村さん……すべてが意外すぎますよ!三時過ぎまで歌いつづけ、歩いて帰宅。六時起き。

 きょうは帰りに神保町「日本特価書籍」で
 『世界の歴史16 ルネサンスと地中海』(中公文庫/樺山紘一著)
を買い、飯田橋の「ブックオフ」で
 『角川源義の時代 角川書店をいかにして興したか』(角川書店/鎗田清太郎著)
を、一〇五円。「ブ」で知り合いに見つかるとちょっと恥ずかしいもんですねぇ。

 『回想の野口晴哉 朴歯の下駄』(ちくま文庫/野口昭子著)
 『大臣』(岩波新書/菅直人著)
 『人名の世界地図』(文春新書/21世紀研究会編)
を読む。『人名の世界地図』はナッルホッドネーの一冊。

 ①デイヴィッド ②スティーヴン ③ポール ④マーク ⑤アダム ⑥ロバート ⑦リチャード ⑧マイケル ⑨クリストファー ⑩フィリップ

 これがなんのランキングかというと。〈一九七六年、ロンドンの青年男女に、性的魅力がある名前を尋ねた調査〉での〈イギリスの女性が好む男性名のベストテン〉だそうだ。う~ん、わからん!名前には神話やら宗教(聖書)、英雄、芸術、社会制度、といった歴史的なものから、そのとき人気の俳優・ミュージシャン……といったあらゆる影響をうけてイメージがついたり変ったりするわけだけど、このイメージを外国人がつかむのは非常にむずかしい。日本人にはお馴染みの西洋人名が、じつはもう古くさくって見かけなくなっている名前だ、なんてことがいくらでもある。上のランキングだっていま調べたらまったく違うものになるはず。日本人の名前を同じように考えればなんとなくわかることなんだけど…、そこんところがいろいろとわかる本。翻訳小説や洋画好きはぜひ。
[PR]
by taikutuotoko | 2008-01-31 23:53 | 本・雑誌・新聞・書店

 帰りに『一個人』『彷書月刊』を買う。『一個人』は特集「大人の読書案内 人生、最高に面白い本200冊」、この雑誌なのでかなりオッサンくさい感じだが、ベテラン作家の書斎写真が見られるのは(この手の特集では毎度のことだが)愉しい。書斎といえば、NEGIさんも少し書いていたけどヒヨコ舎の『本棚』(アスペクト)。気になるものの、ちょっと分量が物足りないのでぼくは買ってないんですが、「ヒヨコ舎」ってのはけっこう注目なんですね、アセンス書店日記にも少し。(ぼく向きの本はあまりなさそうだが)
 あと『一個人』、なぜか「ダイバー」がトピックス(裏神保町に古書店が増えてるという記事)に写真入で。
 『彷書月刊』は南陀楼さんの連載が東川端参丁目さんなので。

 
[PR]
by taikutuotoko | 2008-01-29 02:09 | 本・雑誌・新聞・書店

 寒すぎて、治したはずの風邪が「たっだいま~」。二三日頭痛がつづいたけれど、なんだかさっきあたりから今度はホントに治ったと思う。

  今年の目標は「世界史の固め直し」。といっても歴史学がどう、というのでなく、高校世界史に肉付けする程度なのだけど。 
 というわけで、いちおう山川の世界史Bの教科書と吉川弘文館の世界史年表・地図は用意した。べつに教科書に沿ってやるわけじゃないが、迷子になりそうなときには役に立つだろう。教科書類は安くてイイ。 
 四大文明あたりから始めるとたちまち厭きそうなので、古代ギリシアで神話を愉しんで、ローマにいって、それからキリスト教・イスラム教……。世界史といったが東洋史は後回し、西洋中東メインでいく予定。週に一冊くらい、文庫や新書でいいから意識的にそういうのに手を出しておこう、てなわけ。いつまでつづくかワカランが、少しは読書の幅がひろがっていいんじゃあない。

 これまで意識してなかったわりに、ギリシア関係の簡単な本が何冊か部屋にあったりしてホォ、と。なんでも買っておくもんだ。呉茂一の『ギリシア神話』はなぜか上巻が見あたらず、買わねばならんか。それにしても今まで呉茂一は「くれ・しげかず」「くれ・もいち」のどちらだろう、もしかしたら呉は「ご」かも、などと長いあいだ調べもせずにいたのだが、「くれ・しげいち」で呉秀三の息子だった。

 ギリシア神話の登場人(神)物、本によってカタカナの表記が異なる上にローマ神話ではコレ、英語ではコレ、と違う名前が出てくるのが覚えられぬ。いっそ元々の綴りで覚えた方がカタカナの推測がついていいのでは、という感じ。そのうえイチバン偉いゼウスがとんでもない浮気野郎であちこちに子供をつくるのでどうしようもない。というか、みんな困った人(神)しかいない。大丈夫か。

 『ギリシア神話 神々と英雄に出会う』(中公新書/西村賀子著)
を読む。すこし整理ついたかな。


 ウチからはイチバン近い古本屋だった「古本 フクロウの森」さんが店を閉めたと。土日だけ営業していたが、「本業の方が忙しくなって」と店主のUさんから聞く。「全部そのままで二百万でどう?」って言ってましたけど、どうすか?最寄の東上線ときわ台駅から、あんまり最寄じゃないですけど。近所の子供のファン多し。
[PR]
by taikutuotoko | 2008-01-26 00:22 | 本・雑誌・新聞・書店

辞書をやぶく。

 風邪からようやく回復する。いやはや。ひきはじめに午前で早退けしたら、「また風邪?病弱!!!」 びょ、びょーじゃく!ううぅ。

 この数日は横になってばかりだったが、本はいくらか読んだ。
 『聖書 これをいかに読むか』(中公新書/赤司道雄著)
 『サイコーですか?最高裁!』(光文社/長嶺超輝著)
 『禁煙の愉しみ』(新潮OH!文庫/山村修著)
 『ギリシア神話を知っていますか』(新潮文庫/阿刀田高著)
 『ギリシャを知る 世界遺産とエーゲ海』(PHPエル新書/萩野矢慶記著)
 『広辞苑を読む』(文春新書/柳瀬尚紀著)
 『ギリシア・ローマ古典文学案内』(岩波文庫/高津春繁・斎藤忍随著)

 『広辞苑を読む』は五版がまだ新しかったころのもの。で、六版の発売が話題だが、さいきんの辞書がらみ(?)でイチバンの発言はやっぱり和泉元彌ですよね。
 〈「浮気と自殺と離婚は僕の辞書にはない」〉。
ナイ項目を三つも挙げたところがあたらしい。

 そういえば、新版「広辞苑」で「大辞林」を引くと・・・という記事がおもしろい。これは、「虚構新聞」に出ている。

 まぁ、それはいいとして。気づいたら辞書についての本がずいぶんと手元に集まった。タイトルになくても、例えば『読書大全』(講談社/植田康夫編)の第二章が「引くたのしさ・読むよろこび 辞書とつきあう」だったり。この本はこの章だけ読んだが、とてもおもしろかった。
 
 辞書エッセイでの大ネタをいくつかあげると、『言海』(著者の大槻文彦、芥川の「猫」)、『新明解国語辞典』(赤瀬川「新解さん」他)、『広辞苑』(礼賛、批判、成立・改訂裏事情)、英和辞書を食べて覚える、煙草の巻紙にする。このあたりが横綱大関クラスではないかしら。
 といっても、「食べる」「煙草」のばあい、頻度は高いが話が大きく膨らむことは稀な気がする。

 先にあげた『読書大全』にも、「煙草」はもちろんある。ちなみに「煙草の巻紙にする」というのは、戦中戦後、煙草の入手が不自由なころ、煙草の葉(代用、吸い殻も)を辞書(三省堂のコンサイスが最適、とか)の紙(インディア・ペーパー)で巻いて吸った、というもの。
 〈私は戦争中南の島で、英和辞典の紙でタバコの葉をくるんで吸ったのを思い出す。Zから破っていって、大半がなくなったころ終戦になった。ABCしかない英和辞典を読みながら、苦いインドネシア・タバコを吸っていた〉(奥山益朗)
といったふうである。

 印象に残ったのは松永伍一の「胸のなかにひろがる空白」だ。奥山益朗のものとは、逆のパターンになる。

 〈一九四五年、辞書とはまるで縁のない世界(軍需工場)へ送り込まれてしまった。〉〈しばらくして、私の英語の辞書に災厄が及んだのである。〉〈近所の中年の男が久しぶりに顔を出した。〉〈ポケットから紙包みを出し、「英語の辞書を少し破ってくれんか」と言い出した。ゲンノショウコとナスの葉をかげ干しにしたもので、「女房に用意させておいた」と話した。私に「もう英語は役に立たんので、辞書もいらんだろう」と笑いながらそれを要求したとき、不愉快な顔を私は見せたはずである。〉〈煙草巻き器をわが家の算盤を借りてつくりあげ、「すまんな」と懇願した。「配給の煙草では足りんし、飯もろくに食えん日もある」と言ったとき、私はコンサイスの英和辞典の最初の方の「まえがき」やら「凡例」やらの十項分ぐらいを引きちぎって、「これだけだよ」とかれの油で黒ずんでいる掌にのせてやった。「空白ができた」とおもった。私は薄い夏蒲団を頭から被って寝た。眠れなかった。〉

 自分で吸うため破いて煙草を巻いた話と、他人に頼まれて自分の辞書を破く話。読む側の好みがわかれる気がする。とくに後者には、共感と反発がまじりあうところがあるように思う。辞書エッセイにはこれを感じることがよくあるのだが。どうだろうか。 
[PR]
by taikutuotoko | 2008-01-23 13:42 | 本・雑誌・新聞・書店

 先日から風邪、ひいてまして。きょうも早退のくせに本屋に寄って
 『フリーペーパーの衝撃』(集英社新書/稲垣太郎著)
 『刑事コロンボ DVDコレクション 1 殺人処方箋』(デアゴスティーニ)
を買う。きのうは「ブ」で少し。ほとんどやけくそ。しんどい。

 『職業としての編集者』(三一新書/山田宗睦著)
 『まぼろしの大阪』(ぴあ/坪内祐三著)
 『夫婦善哉』(新潮文庫/織田作之助著)
 『フリーペーパーの衝撃』(集英社新書/稲垣太郎著)
 『あなたに不利な証拠として』(ハヤカワ・ポケット・ミステリ/ローリー・リン・ドラモンド著/駒月雅子訳)
を読む。体力つけのために昼メシは「王将」でギョーザを。東川端さんがしっかし、人はなぜ、ギョーザにキビシくて、シューマイに優しすぎるのか。と書いていたのがおかしくって、つい。(でも、ギョーザのあとに薬飲むのは妙な感じ)

 
 不忍ブックストリート「一箱古本市」開催日時決定とのこと。
 
[PR]
by taikutuotoko | 2008-01-19 00:52 | 本・雑誌・新聞・書店

 神保町「三省堂書店」学参フロアで
 『世界史詳覧』(浜島書店)
を買い、「ヒナタ屋」。カレーとビールを頼んで読書。給料出たので小さなぜいたく。
 『文学回想 憂しと見し世』(中公文庫/中村光夫著)
 『世界の都市の物語 ローマ』(文春文庫/弓削達著)
を読む。風邪ひいたので今日は寝て過ごす予定。

 ユニクロ、広辞苑Tシャツなんて作ったんですねぇ。


 なまはげセクハラ事件続発、のニュースには驚いた。
[PR]
by taikutuotoko | 2008-01-16 10:49 | 本・雑誌・新聞・書店

 成人式で多くの女性が着ているアレ、なんであんなバカっぽいかな。好きになれんなぁ。


 祝日くらいは座りたい、ということで帰りの地下鉄、ホームのベンチに腰掛けて数本やりすごす。そんなに混んではいないのだけど、微妙に席が空いてないんだよな(各車両二、三人が立ちという感じ)。その分、読書がすすむ。急いでないぜ、と何故か贅沢な気分。一時間ほどしてやっと空席が見つかり乗車。ふくらはぎに温風が当たるのが幸せだぁ。
 『西洋音楽史 「クラシック」の黄昏』(中公新書/岡田暁生著)
 『丸山眞男 音楽の対話』(文春新書/中野雄著)
を読みおえる。
[PR]
by taikutuotoko | 2008-01-15 01:26 | 本・雑誌・新聞・書店

「人はみなダチョウ倶楽部」。

 土曜日、帰りに神保町「書泉グランデ」で
 『本の雑誌』二〇〇八・二(本の雑誌社)
を買い、新刊コーナーを眺めていると『延原謙探偵小説選』(論創社)が。シャーロック・ホームズはぼくも延原ホームズで読んだなぁ。東京メトロでもらえるフリーペーパー『ゴールデン ミニッツ』(スターツ出版)二〇号、片岡義男さんの連載にもちょうど出ていた。
 〈延原謙という翻訳家によって日本語になったシャーロック・ホームズを僕が新潮文庫で読んだのは、中学生の頃だった。この翻訳の素晴らしさをいまでもぼくの記憶に鮮明に刻まれている。日本語に対する最初の感動だったと言っていい。〉

 要町の「ブックオフ」にも寄って
 『鬼平犯科帳 (一)』(文春文庫/池波正太郎著)
 『風の谷のあの人と結婚する方法』(ベースボール・マガジン社/須藤元気著)
を買う。一〇五円。
 『日本の名随筆 別巻74 辞書』(作品社/柳瀬尚紀編)
 『風の谷のあの人と結婚する方法』(ベースボール・マガジン社/須藤元気著)
を読了。〈人生なんて所詮はギャグですから、人はみなダチョウ倶楽部です。宇宙から見たら、地球は芥子粒よりも小さいし、その芥子粒サイズの地球の上にいるさらに本当に小さい生き物が自分たちです。もちろんダチョウ倶楽部がちっぽけという意味ではありません。〉とかなんとか。タレントエッセイというか、なかなかよく出来た「自己啓発本」。


 大学時代のゼミの総会があり、予算の関係で二次会から顔を出す。教授の娘さんが美人なので驚いた。残党と始発まで。日曜は夕方まで寝り、録っておいたビデオを観る。
[PR]
by taikutuotoko | 2008-01-14 00:12 | 本・雑誌・新聞・書店

二〇〇円の日。

 帰り、神保町「神田古書センター」前に出ていた「文献書院」の二一〇円均一ワゴンより
 『酒日誌』(マガジンハウス/坪内祐三著)
 『日本童話集』(音楽之友社・ONBOOKS/河内紀・小島美子著)
 『大人のお洒落』(朝日新聞社/石津謙介著)
 『ゴッホの旅』(平凡社カラー新書/粟津則雄著) 安○次○宛署名入り
 『グレート・ギャツビー 村上春樹 翻訳ライブラリー』(中央公論新社/スコット・フィッツジェラルド著/村上春樹訳)
 『偉大なる暗闇』(講談社文芸文庫/高橋英夫著)
 『私の履歴書 第三の新人』(日経ビジネス人文庫/安岡章太郎・阿川弘之・庄野潤三・遠藤周作著)
を買う、なかなかよい。これまでの例でいうと、ここの売れ残りがしばらくして「ブンケン・ロック・サイド」のワゴンに移動、ということも考えられる。チェックせねば。

 いつもどおり歩いて飯田橋、「ブックオフ」の前までくると、店員が外に立って「本日、文庫全品二〇〇円均一セール~!」、なにぃ。とりあえず、ご近所に事務所がある塩山芳明さんにTEL、「飯田橋のブックオフが文庫二〇〇円均一ですよ」「ナニ、すぐいく!」。
 とまぁ、塩山さんまで呼んではみたものの、すでに売れたあとなのだか、あらかじめ店が本を入れ替えておいたのだか、もう棚にめぼしいものは…。なんとか
 『お楽しみはこれもなのじゃ 漫画の名セリフ』(河出文庫/みなもと太郎著)
 『花森安治の仕事』(朝日文庫/酒井寛著)
 『日本人の遊び場 開高健ルポルタージュ選集』(光文社文庫/開高健著)
を選んで購入。塩山さんは十冊程度買い込みそれなりにご満悦のようす。「いやぁきょうはイイことあったヨ。朝も○△□ひろって娘にやったら喜んでさぁ」 そ、それって!
 塩山さんに近くの「串鐡」でごちそうになって(塩山さんはいつもかならず瓶ビール)帰る。ありがとうございます。

 お供本の土屋隆夫『泥の文学碑』ははじめの三篇がつまらなく挫折、予備の弓削達『ローマ』を少し。帰宅してから『日本の名随筆 辞書』(作品社)で武藤康史「『広辞苑』改版の歴史」を読む。
[PR]
by taikutuotoko | 2008-01-12 00:20 | 本・雑誌・新聞・書店

 『増補版 私の國語教室』(新潮文庫/福田恆存著)
 『日本反骨者列伝』(徳間文庫/夏堀正元著)
を神保町「小宮山書店」で、一〇〇円。「ダイバー」で
 『二度はゆけぬ町の地図』(角川書店/西村堅太著)
 『現代作家100人の字』(新潮文庫/石川九楊著)
を、五〇〇円、二〇〇円。
 『国語審議会 迷走の60年』(講談社現代新書/安田敏朗著)
を読む。

 もう一冊、晩鮭亭さんからお借りした
 『『チーズはどこへ消えた?』『バターはどこへ溶けた?』どちらがよい本か?』(データハウス/ダリオ・マリネッティ著)
も読了。うあははぁ。参考文献一覧をあげるだけでおかしい。『色の秘密増補版』『ドラえもん第二十六巻』『文壇うたかた物語』『江戸人の生と死』『ローマは一日にしてならず』『宮沢賢治全集第八巻』『逃げていく街』『東京人』『カエルの無意識、ネコの知恵』『快楽主義の哲学』『森の生活』『空間のフォークロア』『早く家へ帰りたい』『感情の世界』『タオは笑っている』『利腕』『ハーメルンの笛吹き男』。
[PR]
by taikutuotoko | 2008-01-11 01:39 | 本・雑誌・新聞・書店