<   2006年 04月 ( 29 )   > この月の画像一覧

一箱古本市③(行動編)。

 きのうのことをくわしく。無駄に長いので携帯で読むのはアキラメましょう。

 第二回目となる「不忍ブックストリートの一箱古本市」、今年はぼくも箱主(店主)のひとりとなった(前回は客)。
 今回は、一〇〇箱の一箱古本屋(プロ&素人)が、設置場所を提供してくださった一五の“大家”(本屋やカフェ、雑貨屋など)に散らばって古本を販売するほか、あちこちで各種イベントが開催される。「本と散歩が似合う街」をテーマに作成されたMAPを片手に散歩しながら、古本の売買やイベントを愉しむ、という催しだ。GWということもあり、古本好きというわけでもない親子連れなどもMAPを持ってスタンプラリーを愉しんだり、という広がりのあるものなのだ。

 朝、各一箱店主は拠点となる「オヨヨ書林」「往来堂書店」「古書ほうろう」に分かれて集合。ぼくは本を詰めた重い重いダンボールを抱えて西日暮里駅から「ほうろう」へ着いたんだけど、腕がプルプルいっちゃって、やっぱり翌日は筋肉痛だった。みなさんキャリーカートを持っていてびっくり。
 ブログでお馴染みの方でいうと、発起人の南陀楼綾繁さんや向井透史さんには何度かお会いしたことがあるが、四谷書房さん、ちわみさんには初めてお会いできた。マスコット「しのばずくん」の産みの親内澤旬子さんや、早稲田のメルマガで連載中の前田和彦さんも。
 点呼・説明のあと各大家へと散らばるが、ぼくの大家はここ「ほうろう」。

 店番の時間を抽選で決める。「ほうろう」には箱主が一〇人以上いるため、ひとり一時間でよいとのこと。ぼくは一五時から、ということになった。一一時に販売開始。フリーの箱主もはじめの一時間は(おなじ大家の)他の箱から本を買わないようにしよう、と提案したので、じぶんの箱のようすが気になるけども一回りしてくることに。

 はじめに回った「花歩」にはちわみさんたち。ちわみさんの箱からはどんどん本が売れていく。いい本が安いこともあるけど、なんといってもトークが最高。けっきょく全箱主のなかで最多冊数を売ったのがちわみさんだった。江古田坂書房さんに「ブログ読んでますよ」、しかも○○の看板を見に行った、と言われてエーッという感じ。このあと、何人ものひとに「ブログ読んでる」と言われてほんとうに驚く。リンクしてくれていたりアンテナに入れてくれているひとが読んでくれているらしい、というのはわかるのだけど、それ以外にも読んでいるひとがいる、というのは実感がわかない。
 
 ちょっとダラダラ書きすぎたのでここからは省略版。買った本はまとめて次に。

 数ヵ所まわって、岡崎武志さんの箱がすでにガラガラになっているのにびっくりしたり、噂の「古書肆 噂の犀」でサイン本を買ったり(「噂の犀スクラップ通信」は貴重ですよね)。途中からしばらく書物蔵さんと歩いてまわり、あっという間に一五ヵ所を回りきって「ほうろう」に戻った。ほんとうならもっといろいろ寄り道したかったのだが、じぶんの箱が気になってしまい、ゆっくりという回り方ではなかったなぁ。 

 「ほうろう」でほかのひとの箱を覗いていると、池袋「古書往来座」から瀬戸さんとのむみちさんが。チョイと呑んでこられた、とのこと。素晴らしい!
 そうこうしているうちに雨が……。いそいでビニールをかけ、様子を見る。「ほうろう」大混雑。雨宿りをしていると、ぼくの不在時に神保町「ダイバー」さんがいらして差し入れを持ってきてくださったと知る。感謝。田中栞さんや大貫伸樹さんがいらした時間はちょうど雨で残念でした。
 状況を見つつ、少し雨の防げるところで箱を開いて販売を再開。これは大家によって差が出てしまったようだ。一五時台に中止が決まった。それでも雨の中、なかなかお客さんが途切れず、スタンプラリーに訪れる方はその後もぞくぞくと続いた。

 打ち上げ会場の「不忍通りふれあい館」で、一七時半から希望者のみ参加の箱主同士のミニ古本市が開催される、ということになり、四谷書房さんと移動。キャリーにぼくの箱も乗せてもらい、大感謝。時間まで「NOMAD」で古本談義にふける。

 「ふれあい館」に移りミニ古本市。ここではにとべさん、ふぉっくす舎さん、とりさんといった方々に会うことが出来た。いや、もっともっといろんなひとに会えたのだが、書ききれないので。おいオレのこと忘れてないかい、ってひとはごめんなさい。

 一九時から同会場で数組の漫才師による大演芸会、じゃなかった打ち上げ・表彰式が。でも、壇上にあがった方々はみなさんおもしろかったなぁ。平井堅ふうのオヨヨ書林さんがあんなふしぎなひとだとは……。
 個人表彰のあと、スタッフ・関係者が壇上にズラッと並んだ光景はちょっと(かなり)感動もので、どれだけこの準備が大変だったか、また当日が天候に恵まれなかったのにも関わらず愉しいものになったことの凄さ、というのを感じた。ほんとうにご苦労さまでした。また来年!つぎはぼくもお手伝いしたいと思う。 
[PR]
by taikutuotoko | 2006-04-30 23:55 | 本・雑誌・新聞・書店

一箱古本市②(出品リスト&売れた本 編)。

 (売れ残りと)購入本はクロネコさんに任せてしまって手元にないからこんど書くことにして、とりあえず出品リストをあげておこうっと。

 太字は売れた本(ブラウザによっては太字などが見えないそうなので、頭に●が売れた本、×が売れ残り)。横線が引かれているのは値引き前の価格。売れ残った本についても最終的にはだいぶ値引きしたのだが、そのスリップが手元になくてわからないので、最初の価格のみ表示。

×『超時間対談』(集英社/和田誠 絵) 七〇〇
●『シネマッド・カクテル・パーティ』(講談社/和田誠) 四〇〇
●『お楽しみはこれからだ』(文藝春秋/和田誠) 三〇〇
●『銀座界隈ドキドキの日々』(文藝春秋/和田誠) 五〇〇三〇〇
×『ビギン・ザ・ビギン 日本ショウビジネス楽屋口』(文藝春秋/和田誠) 四〇〇
×『いつか聴いた歌』(文藝春秋/和田誠) 四〇〇 
●『恐怖・恐怖対談』(新潮社/吉行淳之介) 一〇〇
●『鏡の国のアリス』(河出書房新社/広瀬正) 三五〇
×『マエタケのテレビ半生記』(いそっぷ社/前田武彦) 五〇〇
×『鼎談書評 三人で本を読む』(文藝春秋/丸谷才一・木村尚三郎・山崎正和) 四〇〇
×『脅迫者によろしく』(新潮社/都筑道夫) 三〇〇
×『クマさんのゲージツ日誌』(毎日新聞社/篠原勝之) 三〇〇 
×『夏服を着た女たち』(講談社/アーウィン・ショー/常盤新平訳) 二〇〇
●『アカデミー賞 オスカーをめぐる26のエピソード』(中公新書/川本三郎) 一〇〇
●『マイ・バック・ページ ある60年代の物語』(河出文庫/川本三郎) 三〇〇
●『素敵な活字中毒者』(集英社文庫/椎名誠 選/日本ペンクラブ 編) 二〇〇
×『文章読本』(文春文庫/向井敏) 二〇〇
●『あちゃらかぱいッ』(文春文庫/色川武大) 二五〇一〇〇 
●『体験的音楽論』(大月書店・国民文庫/いずみたく) 三〇〇
●『たたずまいの研究』(中公文庫/神吉拓郎) 一〇〇
×『謎物語 あるいは物語の謎』(中公文庫/北村薫) 二〇〇
×『うつむきかげん』(角川文庫/桃井かおり) 五〇〇
●『浪漫疾風録』(講談社文庫/生島治郎) 二〇〇
●『神さまの目覚まし時計』(角川文庫/大貫妙子) サイン入り 三〇〇一〇〇
●『日本の喜劇人』(新潮社文庫/小林信彦) 二〇〇
×『サモアン・サマーの悪夢』(新潮文庫/小林信彦) 二〇〇
●『映画字幕の作り方教えます』(文春文庫/清水俊二) 三〇〇
●『映画字幕五十年』(ハヤカワ文庫/清水俊二) 二〇〇
●『風に吹かれて』(集英社文庫/五木寛之) 噂の佐野繁次郎カバー画 池袋「メディア・マッサージ」の特製カバー付き 五〇〇
●『1963年のルイジアナ・ママ』(徳間文庫/亀和田武) 三〇〇
●『素晴らしいアメリカ野球』(集英社文庫/フィリップ・ロス/中野好夫・常盤新平訳) 三〇〇

 こう見ると、単行本の和田誠装丁モノがだいぶ売れ残っている。やはり一番ムリがあったところだからか。 値付けの最高額は七〇〇円、売れず。

 「出不精の備忘」を見ると、二冊お買い上げいただいた様子。ありがとうございます。ただ、『映画字幕五十年』、スリップにも黄マーカーで注意書きしておいたのだが、最後のページが少し切れているのだ。その点、ご承知の上で買われたのか、心配。二〇〇円てことでお許しを。


 ほかの話はまた明日。
[PR]
by taikutuotoko | 2006-04-30 01:25 | 本・雑誌・新聞・書店

一箱古本市①(反省 編)。

 不忍ブックストリートの一箱古本市、「不忍通りふれあい館」での打ち上げ(個人表彰・売上発表会)のあとは荷物をコンビニから発送し、バスで池袋へ。「若大将まつしま」で一人反省会をしてツイ先ほど帰宅。
 午後に雨が降り中断のち中止となったのは残念だったけど、それまでに一五の大家(一箱古本店の出店場所)は巡れたのでとりあえずはよかったな。

 とにかくいろいろなひとに会えて愉しかったが、箱主としては反省すべき点が多かった。それは、箱の持ち運びに皆さんカート等を使っていたのに、じぶんは腕で抱えて持っていったせいでヒジョーに辛かったこと、などではない(それもまぁそうだけど)。

 なんというか、じぶんの箱には魅力がなかったナァ、ということ。中身については前日になって決めたのだったが、和田誠本(著書・装丁本)が目に付いたので単行本は和田誠でまとめてみた。和田誠本それ自体は愉しいものだ。でも、ぼくのやり方は安易で、テーマと呼べるようなものじゃなかった。文庫本もなるべく和田本に近い感じのモノを中心にしたのだけど、これも思いつきにすぎなかった。かえって箱を単調なものにしてしまったようで、まったくの失敗だった。売上もわるかった(まぁ、単価が安かったのだが)。
 
 力を入れたのは、当ブログに登場した書店・古本屋の写真(一部は許可を得て店内も撮影)アルバム(総数一四〇枚くらい)。関心を示してくれた人もいたけど、箱の中を見るジャマになっていたことの方が多かったようだ。

 それにくらべると、見て回った他のひとの箱はそれぞれ魅力的で、思い付きではないそのひとの読書・古本生活がそこに反映されているというものが多かった。ふだんの古本屋での買い物ではない、一箱古本市における古本買いとは何か。ここで古本を買うとはどういうことか、そしてふだんの(古)本との付き合い方、ということをいろいろ考えさせられた。

 ところで、神保町の「古本カフェ ダイバー」さんが、ぼくの出店場所だった「古書ほうろう」さんにまでクッキーの差し入れを持ってきてくださったのだった(お会いできませんでしたが)。ほんとうにありがとうございます。

 それから、なにより、実行委員さま、助っ人さま、大家さま、箱主さま、雨の中いらっしゃってくださったお客さま、みなさまご苦労さまでした。一箱があるときにしか行かない、というのでは意味がないので、散歩コースとして活用していこうと思います。 
[PR]
by taikutuotoko | 2006-04-30 00:45 | 本・雑誌・新聞・書店

大丈夫(たぶん)。

 教育基本法をどう、とかニュースでやっているが、「愛する」なんて気持ちの悪いことを書くのはやめて、「日本チャチャチャの精神を養い」くらいのアホっぽい文章にした方がまだいいのではないかと「アセンス書店日記」のフェアを見て思いました。

 二七日の「書林雜記」で「ぽえむ・ぱろうる」が閉店する、というのを知る。詩はようワカランので買い物したことはほとんどないけど(それでも二回くらいはある)、さびしいねぇ。

 明日の一箱古本市の準備中。箱の中身(本の選択・スリップ)はとりあえずOKだけど、「プロジェクトF」がまだなのよねぇ。徹夜になりそう。
 で、天気だけど…・・・、意外と大丈夫なんじゃないでしょうか。スポット予報なんか見ると夕方まではなんとか。

 このところブログもサボりぎみなんで、明日は愉しんでヤル気を取り戻そうと思います。
[PR]
by taikutuotoko | 2006-04-28 22:41 | 本・雑誌・新聞・書店

手抜き。

 要町の「ブックオフ」に寄り、
 『アジア史概説』(中公文庫/宮崎市定著)
 『仰臥漫録』(岩波文庫/正岡子規著)
を買う。各一〇五円。

 『昭和歳時記』(文春文庫/吉村昭著/永田力 絵)
を読みおえた。
[PR]
by taikutuotoko | 2006-04-28 01:25 | 本・雑誌・新聞・書店

吉村さん。

 小林信彦さんを読んだあとだからか、吉村昭さんの『昭和歳時記』(文春文庫)をすこし読む。

 そういえば、新書の創刊ラインナップに吉村さんのが入っていることって多いような。調べてみると、文春新書・平凡社新書・新潮新書・ちくまプリマー新書、がそう。となると、この秋の「朝日新書」あたりは……入ってもおかしくないけど、さすがにこれだけ先例があるとねぇ。

 ただ、吉村昭さんは(地味だけど)しっかりと読まれている作家なんだなぁ、ということがよくわかる。依頼したくなる編集部の気持ちもよくわかる。

 来年だという幻冬舎の新書、は ようわからん。
[PR]
by taikutuotoko | 2006-04-26 01:36 | 本・雑誌・新聞・書店

最年少?

 文化放送の『甲斐よしひろのセイ!ヤング21』を聴いていると(今日は選曲がヨカッタねぇ)、
 「ハガキなんて見ないよなぁ、去年まではちょこちょこ見たけど(メールばかりになった)」
というようなことを言っていた。なるほど、そういうもんかぁ。「ハガキ職人」なんて言葉も死語になるのかねぇ(もう死語?)。
 (いまCMで知ったが、古田新太の番組(TBS)の次のゲストは本橋信宏さんだそうだ。)

 帰りに神保町「東京堂書店」で
 『彷書月刊』二〇〇六年五月号(彷徨舎)
 『本の時間』二〇〇五年五月号(毎日新聞社)
を買う。『本の時間』は創刊されたばかりのPR誌。場所によっては無料配布しているのだろうけど、ぼくは出来たらPR誌はお金を出して買いたい(といっても一〇〇円くらい)と思っている。

 で、『彷書月刊』だが。特集が「岡崎武志古本劇場」、このあいだの坪内さんとのトークイベントの様子も掲載されている。南陀楼・内澤コンビによる書斎訪問記もあり。

 ということで、読むのが愉しみィ、だったのだが、表紙を見て吃驚。新連載「本の海で溺れる夢を見た」が始まったのだが、書いているのがnanakikaeさん。どっかで見たことある名前……どころじゃなくて、当ブログでも何度か紹介していた「日々是読書」の高校生さんである。わぁお!高校生で『彷書月刊』に連載だなんて素敵すぎますね。

 「古本小説大賞」が、「古本文学大賞」になったようす。あのブログとかそのブログの人なんかが書いてくれるとイイと思います。

 きのうの夜に
 『岩波新書の50年』(岩波新書 別冊/岩波書店編集部編)
 『私の読んだ本』(岩波新書/松田道雄著)
を読み、きょうは
 『にっちもさっちも 人生は五十一から⑤』(文春文庫/小林信彦著)
を読んだ。
[PR]
by taikutuotoko | 2006-04-24 23:01 | 本・雑誌・新聞・書店

日曜だなぁ。

 部屋着にツッカケで近所の新聞屋へ。朝日の方が近いから朝日を買うつもりだったが、急にあることを思い出し少し先の販売店まで。「ニュースくん」(新聞の自販機)に一〇〇円投入、「東京新聞」を買う。書評欄の「この人この本」に、「古書現世」の向井さん登場。このあいだ現世に寄った日が取材日で、向井さんから愉しい裏話をあわせて聞いていたのだった。

 きょうは(新聞買った以外は)散歩もせず、部屋でラジオと読書。
 『若者殺しの時代』(講談社現代新書/堀井憲一郎著) 
 『海野弘 本を旅する』(ポプラ社/海野弘著)
を読んだ。

 
 三日間かかって、WBCの例のアメリカ人審判の名前を思い出した。いやぁ、スッキリ。
[PR]
by taikutuotoko | 2006-04-23 18:37 | 本・雑誌・新聞・書店

地図を持つよりこの一冊。

 休みなので歩いて赤塚まで(上板橋で、質屋の隣家の門に「注 ここは質屋ではありません」と大書きしてあるのを見つけた。たしかに質屋っぽい門なんだ、これが)。古本屋も数軒覗くが、買い物は赤塚の「ブックオフ」で
 『文人たちの寄席』(文春文庫/矢野誠一著)
 『吉行エイスケ作品集』(文園社/吉行エイスケ著)
を買ったのみ。各一〇五円。
 赤塚から有楽町線で池袋、西口公園の古本まつりへ。前回までのような探書呼びかけはやっていないみたい ゴメンナサイ!探書呼びかけ、やっているそうです!。森瑶子の『恋愛論』に「さいきんのオバサンはぜんぜんわかってねーよー」とケチをつけて帰っていったカップルがいておかしかった。

 『歩いて見よう東京』(岩波ジュニア新書/五百沢智也著)
を読んだ。『図解 新東京探訪コース』(八八年刊)の改訂版だということだが、うーむ、これはすばらしい。東京(主に区内)の、地形・交通・まちの位置関係・歴史がイッキにわかり、頭の中に地図が出来てしまう。記述が具体的な分ちょっと古い(九四年刊)かな、と思ったら、〇四年に『新・歩いて見よう東京』が出ているとのこと。ぜひとも買わねば。
 (なお、Amazonの書評によれば、さいしょの『図解~』がいちばん図版が大きくて見やすいらしい。となると、三冊揃えたいところだ)。
 


 巨人阪神戦のテレビ(終了後はラジオ)中継に夢中。
[PR]
by taikutuotoko | 2006-04-21 21:07 | 本・雑誌・新聞・書店

書店イベント。

 神保町「東京堂書店」で
 『若者殺しの時代』(講談社現代新書/堀井憲一郎著)
を買う。東京堂では、五月一九日に征木高司・北沢夏音・赤田祐一さん、二一日に森達也さん、二七日に竹内洋(『教養主義の没落』等) ・佐藤卓己(『言論統制』等)さん、というようなイベントが予定されているようだ(要予約)。いちばん気になる二七日は時間的にムリなのが残念。
 
 『青春と読書』(集英社)の五月号をもらう。小特集が「コバルト文庫創刊30周年」。PR誌といえば、一七日の「もしも小遣いが1日100円だったら」で知ったが、毎日新聞社が『本の時間』てのを創刊したとのこと。まだ見かけないけど、にとべさんがおもしろいと言っている。すごい執筆陣!

 「書肆アクセス」にも寄り、
 『海野弘 本を旅する』(ポプラ社/海野弘著)
サイン本を買った。紀田順一郎さんの『戦後創成期ミステリ日記』(松籟社)も欲しい…。

 地下鉄で池袋へ。「ジュンク堂書店」で、第一回「元木昌彦のノンフィクション養成講座」を聴く。ゲストは『野中広務 差別と権力』(講談社)等の魚住昭さん。このお二人のトークイベントだというのに席にはわりと余裕あり。もったいないんじゃない。こういう書店イベントを活用すれば、街が自分の大学になるってもんですよ(受講料はメチャ安だしね)。来月は野村進さんだ。
 
 ジュンク堂では、はやくもリニューアルした岩波新書を見かけたぞ。長谷部憲法本とか読みたし。ほかにも柄谷本、見田本や、CD付きの久保田麻琴本、スタート目前の会社法を学ぶための神田秀樹本などあり。

 「daily-sumus」がブログに(しかもエキサイト)!うれしいなぁ! 
[PR]
by taikutuotoko | 2006-04-20 23:02 | 本・雑誌・新聞・書店