<   2005年 05月 ( 43 )   > この月の画像一覧

双風舎のブログ。

 ひとつまえのエントリーで、双風社のブログ「双風亭日乗」を紹介した。(ぼくは双風社の本は一冊だけ持っている)。

 このブログ、ぼくもまだ見つけたばかりだったから、過去のエントリーをチェックしてみたのだけれど、なかなかおもしろい。ひとりでやっている出版社で、“谷根千”地域にあるのだそうだ。
 
 とくに興味ふかい「会社の話」シリーズが、いま「その14」まで来ている。とりあえず、「その1」から「その14」まで、読みやすいようにリンク集にしておこうっと。

 「会社の話 その1 資金繰りは難しい」
 「会社の話 その2 夜間大学・出版社・カンボジア」
 「会社の話 その3  カンボジアから日本へ」
 「会社の話 その4  ボランティアって何なのだろう?」
 「会社の話 その5 新刊案内/続・ボランティアって何なのだろう?」
 「会社の話 その6 続々 ボランティアって何なのだろう?」
 「会社の話 その7 突然、出版社の代表になる」
 「会社の話 その8  ひとり出版社 前夜」
 「会社の話 その9  ひとり出版社を設立!」
 「会社の話 その10 出版は企画が命、ですが……」
 「会社の話 その11 なぜ直販からはじめたのか」
 「会社の話 その12 取次に関わる利権について」
 「会社の話 その13  老舗出版社と新興出版社」
 「会社の話 その14 取次というブラックボックス」

 コレ以降は(つづきが書かれたら)、気になる方は各自で読んでくださいナ。このブログをリンクに追加。 

 (追記:と思ったけど、以降の回もリンクしておくことにする。)
 「会社の話 15 書店と交渉する」
 「会社の話 16 Sさんのこと / 小椋佳」
 「会社の話 17 とても広くて使いやすい事務所のこと」
 「会社の話 18 本は売れるという幻想について」
 「会社の話 19 実況!編集作業」
 「会社の話 20 時間は突然、やってくる」

 切りがイイので、ここでリンクするのはオシマイにしとこう。

 『友がみな我よりえらく見える日は』(幻冬舎アウトロー文庫/上原隆著)
を読みおえた。いやぁ、まいったな。

 そういや、幻冬舎も双風舎も、名前だけは似てますな。幻冬舎は五木寛之さん、双風舎は宮台真司さんが名づけ親、とか。
[PR]
by taikutuotoko | 2005-05-31 20:03 | リンク集

ブログいくつか。

 おすすめのブログ&エントリーをいくつか。 

 三〇日の「積ん読帳」にある猫のホログラム栞、ちょいとかわいらしい。「生活日報」のあまぐりLOVE がおかしい。日記化なった「ふぉっくす舎のページ」はさいきん充実。

 双風舎のブログ「双風亭日乗」で知った(二七日)のだが
 『限界の思想 空虚な時代を生き抜くための社会学』(双風舎/宮台真司・北田暁大著)
というのが七月に出るらしい。
 あと、二〇日の「双風亭日乗」によると、CKB「タイガー&ドラゴン」の和田アキ子バージョンがあるんだって。そういえば、二五日の「夏目房之介の「で?」」で、夏目さんもカラオケ用に練習しているっていっていたなぁ。

 そんでもって、「デイリー・スムース」で紹介の「大貫伸樹の装丁探索」をリンクに追加、ダァ。
[PR]
by taikutuotoko | 2005-05-31 02:08 | リンク集

上原隆も気になる。

 「目白通り」じゃなくて「山手通り」だッ。ということに昼頃、トツゼン気づく。いや、きのうの日記のマチガイ(すでに訂正)のことなんだけど、出先でブログのミスに気づくと、なんだか落ちつけない。作業しながらも、「目白じゃやなくて山手、メジロジャナクテヤマテ……」というのが頭を横切っちゃって。

 ブログ程度でもこうなんだから、じぶんの書いた本にミスが見つかったときの著者の気持ちっていうのは、どんなもんなんでしょうナァ。

 きのうの夜に読んだ本は
 『片翼だけの青春』(集英社文庫/生島治郎著)
 『夢のつづき』(文春文庫/神吉拓郎著)

 生島さんのは、生まれ育った上海からの引き揚げから早川書房を辞めるまでの自伝的エッセイ。この本自体はたいした本ではないが、早川書房時代のところをグッと濃くして書いた回想的モデル小説が『浪漫疾風録』で、これはとってもおもしろい。『片翼~』は、いちおうその前段部分を知っておくために読んでおいた。

 この二冊を読んだあと、本のダンボールをあさっていると
 『友がみな我よりえらく見える日は』(幻冬舎アウトロー文庫/上原隆著)
 『喜びは悲しみのあとに』(幻冬舎アウトロー文庫/上原隆著)
が出てきた(お~、こんなの持ってたのか)。『友は~』を月曜(きょう)のお供とす。

 上原さんの本については、岡崎武志さんが『サンデー毎日』の書評や四月二七日の「okatakeの日記」で、とみきちさんが二〇日の「とみきち読書日記」でふれているので、気になっていたのだ。

 じつはまだ読みおえていないのだが、よい。幻冬舎アウトロー文庫三作目の『雨にぬれても』は買うことになりそう。

 一・二作目は、きょねんブックオフで買っておいたもの(らしい)。なぜに買ったかというと、文庫の著者プロフィールにこんなことが書いてあったからだ(うむ、たしかそうだった)。
 
 〈一九四九年横浜市生まれ。ボブ・グリーン・タッチのルポを書く。心にグッとくるエピソードを求め、きょうも東へ西へ、靴底をへらしている。〉
[PR]
by taikutuotoko | 2005-05-30 23:57 | 本・雑誌・新聞・書店

文春文庫のエッセイ・アンソロジーを集めているのだ。

 きょうは要町のブックオフ限定でセールがあるときいていたから、散歩ついでに行ってみた。

 のだけれど、たいしたセールではなくて、しかたなくフツウの一〇五円棚から
 『巻頭随筆』(文春文庫/文藝春秋編)
 『聖徳太子の声 巻頭随筆5』(文春文庫/文藝春秋編)
 『信長ぎらい 巻頭随筆6』(文春文庫/文藝春秋編)
 『心に残る人びと』(文春文庫/文藝春秋編)
を買った。

 さいきん、文春文庫のエッセイ・アンソロジーをあつめている。で、部屋でボォっとしているときに、なにげなく手にとって、目次からコレハというのを選んで読むのが愉しいのだ。『巻頭随筆』シリーズは『Ⅱ』『Ⅲ』『Ⅳ』をすでに持っているので、どうやら揃ったらしい。

 山手通りを北上して、大山に向かう。ドンキホーテなどが入っている「パウ北池袋店」に「ブックマート」があることを知り、ちょっと寄ったが、う~む、買えるものはなかった。

 大山の「ぶっくめいと」では
 『包丁文化論 日本料理の伝統と未来』(講談社/江原恵著)
 『虹をつくる男たち コマーシャルの30年』(文藝春秋/向井敏著)
を、各五〇〇円で。

 お店の人に、大山の古本屋について尋ねてみた。古本というより中古本のコトバが似合う「ブックバンク」「ブックマート」のほかは、ここ数年で、ほとんど店をやめてしまったらしい。ざんねん。まぁ、「ぶっくめいと」があるからイイヤ。

 パウ北池袋店のや大山のはイマイチだが、桜台の「ブックマート」はイイ本があるんだぞ。

 あしたからは、しばらく本は買わないつもり。はやくも、お金がシンパイである。


 『古本的』(毎日新聞社/坪内祐三著)
 『業界の濃い人』(角川文庫/いしかわじゅん著)
 『ヤスケンの海』(幻冬舎文庫/村松友視著)
 『浪漫疾風録』(講談社/生島治郎著)
を読んだ。

 どれも紹介したいトコロがいっぱいあったのだけれど、げんざい読む方にエンジンがかかっている状態なので、これでオシマイ。いま読んでいるのは生島治郎『片翼だけの青春』(集英社文庫)だァ。(生島さんのでは、『星になれるか』が欲しいのだけど。)

 あっ、そうだ。北尾トロさんの「オンライン古本屋の日常」の5.27,28が、ぼくにはなかなかおもしろかった。たとえば、
 〈人の個性なんてもんは、ヘタに文章化されるよりもそのものずばりを見るほうが鮮やかに浮かび上がるということである。文章になった時点で書き手の都合が介入してくるからだ。自分に酔ったようなものは論外としても、冷静になればなるほど読み手を想定してしまう。これ生きるヒントだなあ。〉
とかね。
[PR]
by taikutuotoko | 2005-05-29 20:50 | 本・雑誌・新聞・書店

江古田にて七冊。

 江古田のブックオフへ。

 『スポーツルールの社会学』(朝日選書/中村敏雄著)
 『ベースボール・シティ スタジアムにみる日米比較文化』(福武書店/杉本尚次著)
 『ダンディに技あり 大人のためのお洒落読本』(晶文社/馬場啓一著)
 『ニューヨークめぐり会い』(中公文庫/河野多恵子著/市川泰 絵)
 『本郷菊富士ホテル』(中公文庫/近藤富枝著)
を買った。各一〇五円だが、サービス券五〇円分つかう。

 日芸の方の根元書房にも寄る。
 『青二才の頃 回想の’70年代』(講談社文庫/清水義範著)
 『摩天楼は荒野にそびえ わがアメリカ文化誌』(旺文社文庫/亀井俊介著)
が、各二五〇円。

 岡崎武志さんから発して話題になっている島尾敏雄だが、ぼくは小説を読むのが(正確には、読み出すのが)わりと億劫なので、なかなか手が出ない。といっても持っているのは『夢の中の日常』(集英社文庫)だけ。『死の棘』も読んだことがない。根元書房にも『出発は遂に訪れず』『出孤島記』(新潮文庫)の変色したやつが一〇〇円であったのだが、買わなかった。

 ただ、日記、あるいは小説でも日記形式の作品には興味がある。先日は『日の移ろい』を買ったし、『死の棘日記』も気になっているところだ。
 根元書房では「総特集・島尾敏雄」の『カイエ』が八〇〇円で、買っておいてもいいかナ、と思ったのだけれど、しかしお金もないのでやめておいた。いつか島尾敏雄にじっくり取り組む、という時はくるのだろうか。

 『日日すれすれ』(集英社文庫/吉行淳之介著)
を読んだ。アレもさっそく読みおえたが、それはまたあとで。
[PR]
by taikutuotoko | 2005-05-28 20:02 | 本・雑誌・新聞・書店

新刊情報。

 さて、新刊情報(「7&Y」でコツコツと検索)。

 六月一六日発売予定の
 『言論統制列島 日本の右翼と左翼』(講談社/森達也・鈴木邦男・斎藤貴男著)
は気になるナァ。
 『原弘 デザインの世紀』(平凡社/原弘著)
が気になるヒトもいるだろう。これも六月。
 『小説の自由』(新潮社/保坂和志著)
は、六月三〇日だって。

 『中井英夫戦中日記 彼方より 完全版』(河出書房新社/中井英夫著/本田正一監修)
というのは、どんな本だろう。

 おなじく六月の河出からは、ぼくは買わないが、すんごいタイトルの
 『徹底抗戦!文士の森 実録人文学闘争十四年史』(河出書房新社/笙野頼子著)
というのが出るらしい。ちぃとおっかねぇ。 

 七月の「ちくま学芸文庫」には、武井武雄『戦中・戦後気侭画帳』、網野善彦『日本の歴史をよみなおす(全)』(プリマーブックスだったやつ)、吉田満『「戦艦大和」と戦後 吉田満文集』などが入るみたい。

 『八月十五日の神話 つくられた終戦記念日』(佐藤卓己著)
は、七月の「ちくま新書」。佐藤さんは『言論統制』(中公新書)がおもしろかったから期待大だ。同新書には、『帰ってきたもてない男 女性嫌悪を超えて』(小谷野敦著)などもあるようす。
[PR]
by taikutuotoko | 2005-05-27 23:34 | 本・雑誌・新聞・書店

ツボウチ『古本的』など買う。

 六月一日からは、ジュンク堂書店池袋本店は夜一〇時まで営業らしいぞ。

 月に一度の大散財、給料日直後の池袋のジュンク堂書店。さて、買った本だけど。

 まずは、まだ発売日前の
 『古本的』(毎日新聞社/坪内祐三著)
を一足先に買った。このブログでも四月に第一報をうっていらい待ちに待った一冊だが、なぜ毎日新聞社からなのかずっと謎だったのだ。
 あとがきによると、『毎日グラフ・アミューズ』という雑誌で連載(「古本情熱世界」)されていたものらしい。それと、『GIALLO』という雑誌の連載(「ミステリ嫌いのミステリ読書録」)をあわせたのが、この本だ。

 『業界内の濃い人』(角川文庫/いしかわじゅん著)
 『肌ざわり』(中公文庫/尾辻克彦著)
 『バスで田舎へ行く』(ちくま文庫/泉麻人著)
 『ヤスケンの海』(幻冬舎/村松友視著)
 『犬の記憶』(河出文庫/森山大道著)
 『犬の記憶 終章』(河出文庫/森山大道著)
 『植草甚一スタイル』(平凡社/コロナ・ブックス編集部編)
 『映画はどんどん新しくなってゆく 植草甚一スクラップ・ブック16』(晶文社/植草甚一著)
 『クライム・クラブへようこそ 植草甚一スクラップ・ブック18』(晶文社/植草甚一著)
 『ハーレムの黒人たち 植草甚一スクラップ・ブック20』(晶文社/植草甚一著)
 『彷書月刊』(二〇〇五年六月号/彷徨舎/特集:町の五・七・五)

 岩波文庫は、『湛山回想』を刷ったみたいだ。買いなおそうかな。

 八勝堂書店にも寄る。
 『大波小波 匿名批評にみる昭和文学史 第1巻・1933−42』(東京新聞出版局/小田切進編)
 『大波小波 匿名批評にみる昭和文学史 第2巻・1949−54』(東京新聞出版局/小田切進編)
 『大波小波 匿名批評にみる昭和文学史 第3巻・1955−59』(東京新聞出版局/小田切進編)
 『ミニコミ 地域情報の担い手たち』(日経新書/田村紀雄著)
を買った。各一〇〇円。『大波小波』の「第2巻」はダブりだということに帰宅後気づいた。まぁ、いいや。こうなると「第4巻」もほしいな。 
[PR]
by taikutuotoko | 2005-05-27 21:19 | 本・雑誌・新聞・書店

『週刊~』を二冊。

 いつもは立ち読みですませてしまっている『週刊文春』だが、今号(六月二日号)は買ってしまった。小林信彦さんの連載「本音を申せば」で、小林さんが、長女夫婦の住む新潟県小千谷市へ(「崩落現場 2」)。

 ぼくは小千谷出身なので、小林さんが辿ったルートがだいたいわかる。小林さんが雨宿りをしたというコンビニは、ぼくの実家から数分の、あそこだろう。地図を買った本屋は、うーん、SかYのどちらかだろうが、どっちかな。Eではあるまい。
 小林さんが食べたへぎそば屋は、伯母の家の正面にある店だ。たいへんだ、帰省したらば食いに行かねばならん。

 それから、ひさしぶりに『週刊ベースボール』(六月六日号)も買う。表紙がホークスの杉内俊哉投手で、特集「変化球奥義」なのだもの。
 変化球の握りの写真がいろいろと掲載されている。川口和久・川崎憲次郎の対談では、それぞれの全変化球の握りが。ほかにも、前田幸長のナックル、佐々岡真司のカーブ、岩瀬仁紀のスライダー、藤井秀悟のチェンジアップ、小野晋吾のシンカー、などなど。おなじシンカーでも、小野と木塚敦志ではズイブンちがうのだ。木塚はサイドスローだし。

 (このブログでは、買った本は毎回書いているけれど、雑誌については、本関係か何かある場合以外は書いていないです。まぁ、ほら、雑誌だと、書きにくいものとか、あるではないですか。アハ。)

 『生物としての静物』(集英社文庫/開高健著)
を読んだ。

 南陀楼さんの日記が再開、うれしいな。
[PR]
by taikutuotoko | 2005-05-26 20:18 | 本・雑誌・新聞・書店

ビールの泡。

 「給料出たから飲みにいくぞぉ」と言われ、しかたなく池袋へ。ほんとうは、その金で本を買いたいのだけどなぁ。(追記:途中で帰ったので、後日清算しようとすると、「いいよ」と言われる。ビンボウ人なので、甘えさせてもらった)

 飲み屋に入る前に八勝堂書店に寄る。
 『好きな背広』(文藝春秋/丸谷才一著)
 『出版広告の話』(日本エディタースクール出版部/村崎和也著)
を買った。各一〇〇円。

 月・火と佐藤嘉尚さんの新書を読んだので、しばらくは“面白半分の作家たち”のうちの誰かの本をお供に、と思う。きょう(二五日)は
 『生物としての静物』(集英社文庫/開高健著)
にしたのだが、飲みがあったので半分も読めず。

 〈ビールの泡とかタバコの煙りなどと申すものは完全なプライヴァシーであり、一種のモビール作品であって、そのプツプツと上昇しつづける、また、ユラユラともつれる運動ぶりを眺めるのが放心の愉しみなのである。〉

 瓶ビールを頼むと、kirinなどと入った小さなグラスで飲まされるのが好きではない。なんだか、葬式のあとでしんみりと、というときのビールの味がしてイケナイ。一口飲むと、「どうぞ」と注がれてしまうのも困るのだ。
 
 子供のときは親父の飲んでいる瓶ビールにズイブンと憧れたものだが、いま、ひとり家で飲むなら缶ビールだ。深さがあって口がひろがっているグラスの、ちょいと上のあたりから、糸のようにビールを注ぎ、細かくてクリーミィな泡をつくる(瓶では、なかなかうまくいかない)。それからグラスを傾けて、泡の下にしずかにビールを流し込む。細かな泡が、グラスの上に、こんもり。七対三。

 そんなふうにして飲む、日曜日の昼間のビールのなんとウマイことよ。誰にも邪魔されたくない、完全なる休日である。
[PR]
by taikutuotoko | 2005-05-26 01:21 | 本・雑誌・新聞・書店

ねむくて……。

 きのうときょうのお供本として
 『「面白半分」の作家たち 70年代元祖サブカル雑誌の日々』(集英社新書/佐藤嘉尚著)
 『「面白半分」快人列伝』(平凡社新書/佐藤嘉尚著)
を読んだ。うん、まあ、おもしろいことはおもしろい。

 はぁ、もうダメ。眠い。きょうも紹介はズル休み。居眠りしながらだったので、これだけ書くのに一時間かかった。もう寝るッ。

 っと、そのまえに。二四日のデイリー・スムースで紹介されている「備忘録」がおもしろそうなので、リンクに加えてから、寝ることにする。
[PR]
by taikutuotoko | 2005-05-24 21:58 | 本・雑誌・新聞・書店