<   2004年 09月 ( 73 )   > この月の画像一覧

山下清の文章。

 きのうにつづいて山下清、ということで
 『日本ぶらりぶらり』(ちくま文庫/山下清著)
を読んだ。一九五八年に出た本の、文庫版(一九九八年)。巻末の方には「山下清年譜」あり。

 この旅行記は、『文藝春秋』に連載し、読者賞まで得たという。やはりおもしろいのだが、せつなくもある。
 〈長崎へいったら、新しい服をきて下駄をはいてきたと新聞にだされた。ぼくはぼろぼろの服をきていた方がいいのだろうか。もう放浪はやめたのだから人なみの服をきてあるいてもいいだろうとおもうのだが、やっぱりぼくにはあわないらしい。〉
 〈ぼくは新ぶん社の人があんまりいろいろきくので何といっていいかわからないので困ってしまう。一年のうちで暑いときがすきか寒いときがすきかときくので、ちょうどいい季節がすきですというと笑われる。パンツがすきかフンドシがすきかときかれたときは、ほんとうに困った。そんなことを新ぶんにかかれるのは恥かしいので、返事をしなかった。〉

 「あとがき」は、式場隆三郎。これと、寿岳章子さんという言語学者の「解説」を読むことで、山下清の文章、というものについて、あるていどのことを知ることができ、興味ふかい。

 「あとがき」によると、この本は、〈清のかいたものに私が手を入れたり、清の口述を私が筆録したものである〉という。〈私の添削や筆録がうますぎて、清らしくないという評があるときく〉が、〈清の意図したことは誤りなく書いたと思う〉、そして、これは〈清と弟の辰造と(略)私との三人の合作ともいえる〉と述べている。
 また、こういった共同作業は、おおくの作家や芸術家などもおなじであって、特別なものではないということを書いているが、こういった釈明が必要とされるような、かれらにたいする疑いの目、というものがあったのだろうか。まぁ、式場というひとは、たしかに少々ウサン臭いところがあるが。

 寿岳さんの「解説」では、山下清のじっさいの「日記」、ナマの文章についてふれている。その「日記」といわれるものの性質であるとか、「。」でなく、「ので」によって長々とつながっていく、というような特徴的な文法などなど。このへんに興味をもたれた方は、じっさいに読んでみてほしい。
[PR]
by taikutuotoko | 2004-09-30 21:43 | 本・雑誌・新聞・書店

「パンチ」の時代③。

 今週の『週刊文春』(十月七日号)、小林信彦さんの「本音を申せば」は
 『弟の「イラスト・レポの時代』
というタイトルだった。弟というのは、小林泰彦さんのこと。

 このブログでは九月二十二日の書き込み(『「パンチ」の時代①。』)で紹介したばかりの
 『イラスト・ルポの時代』(文藝春秋/小林泰彦著)
にかかわる内容なので、興味ある方はご一読を。

 それから、九月二十三日の『「パンチ」の時代②』では
 『平凡パンチ1964』(平凡社新書/赤木洋一著)
を紹介したけれど 
 Writer's WebLogの九月十七日
 ナンダロウアヤシゲな日々の九月二十五日(こちらは、直接、その記事にリンク)
の書き込みが、この本に、すこしだけふれているので、こちらもどうぞ。

 もうひとつ。
 WEB週刊読書人によると、
 『週刊読書人』(十月十五日号、八日発売)
では、≪クロニクル1964(仮)≫と題して、亀和田武さんが
 〈赤木洋一著『平凡パンチ1964』 小林泰彦『イラスト・ルポの時代』を読む〉
のだそうで。ほほう、『週刊読書人』は読んだことがないけど、ちょいと気になるな。
[PR]
by taikutuotoko | 2004-09-30 18:17 | 本・雑誌・新聞・書店

「兵隊のくらいになおすと」。

 ゆうめいな「兵隊のくらいになおすと…」という言い回しも、ほんとうにつかうんだなぁ。
 
 『ヨーロッパぶらりぶらり』(ちくま文庫/山下清著)
を読んだ。文藝春秋新社より一九六一年に出たものの、ちくま文庫版(一九九四年)。

 一九五九年、もう放浪生活はやめていた山下清は、かれの保護者的存在である精神科医・式場隆三郎と、「医家芸術クラブ」のメンバーたちとともに、ひと月ほどのヨーロッパ旅行にでた。この本は、その旅行中に書いた日記がもとになっている。

 ぼくは、テレビの「裸の大将」をほとんど見たことがないし、山下清について曖昧な知識(というより、イメージ)しかなかった。知的障害をもち、放浪のなかで作品をのこした貼り絵画家、というくらいの。いまひとつ、生きた年代もよくわからなったのだが、一九二二~七一年、四九歳で亡くなっている。
 また、放浪中にはほとんど貼り絵作品などは製作しなかったのだそうだ(絵などは、頼まれてよく書いたようだが)。とびだした養護施設にもどってきては、記憶にたよって作品をつくり、また放浪にでる、というパターンだったという。
 
 で、かれの文章だが、これがとてもおもしろい。

 たとえば、オランダのダイヤモンド工場では、〈兵隊のくらいになおすと、まちがいなく宝石の大将だという〉ダイヤモンドについて
 〈ぼくはダイヤモンドというのはめったにないとおもっていたのに、ここにはどっさりあるので、ダイヤモンドは世界一にかたい石だときいていたのに、きかいでけずったりしているので、ここのダイヤモンドはにせものかもしれないとおもった。〉
と書いている。ちょっとうまくつながらない文章だが、ママだ。

 赤瀬川原平さんの解説に
 〈聞くところによると、山下清の原文というのはこういうふつうな改行とかはないもので、マルもテンもカッコも何もなく、それこそ本当のずるずるで埋め尽くしてあるのだそうだ。それでは読者も読みにくかろうというので、関係者の方がテンやマルを入れてあるていど読みやすくしてあるのだそうだ。〉
とある。この本のばあいは、式場博士の弟さんが編集したらしい。

 式場隆三郎というと、中野翠さんのなにかの本でとりあげられていたと記憶する
 『定本 二笑亭綺譚』(ちくま文庫/式場隆三郎・赤瀬川原平・式場隆成・藤森照信・岸武臣著)
が気になっているのだが、入手できていない。でも、これ近所の図書館にあるんだよね。そのうち読んでみようっと。 
[PR]
by taikutuotoko | 2004-09-30 02:01 | 本・雑誌・新聞・書店

晶文社のほしい本。

 帰りに、池袋のジュンク堂へ寄ってきた。

 出たばかりの
 『私の神保町』(晶文社/紀田順一郎著)
を購入。カバーは、小宮山書店のなかで本を抱えた紀田さんの写真だ。

 本に挟まれている「晶文社の読書案内(『私の神保町』読者のために)」、ちいさな目録のような紙だけど、ここに掲載されている十五冊のうち、ぼくがもっているのは四冊だけ。

 もう、紹介文を読むだけでウズウズしてくる本がならんでいて、こんどはどれを買おうかなぁという感じ。とくに気になるのは
 『彷書月刊編集長』(田村治芳著)
 『古本屋 月の輪書林』(高橋徹著)
 『雑読系』(坪内祐三著)
 『東京本遊覧記』(坂崎重盛著)
あたりだろうか。ほんとは、ぜんぶ気になるんだけどね。

 
[PR]
by taikutuotoko | 2004-09-29 21:29 | 本・雑誌・新聞・書店

父の書棚。

 著者が〈阿佐ヶ谷の金木犀のある家〉に住まい、乱歩や漱石、少女小説、岡本綺堂の『半七捕物帳』などに読みふけって暮らしたのは、九歳だった昭和十八年までのこと。花は香り、迷宮へといざなった。
 
 『花迷宮』(新潮文庫/久世光彦著)
を読んだ。内容は、“物語風エッセイ”と表現されている。しっくりくる。
 本というかたちで久世さんのものを読んだのは、はじめてだ。ヤラれた。久世光彦には、ハマってしまうかもしれない。

 久世さんの読書の記憶は、こっそり隠して読んだ『新青年』のなかの、横溝正史「真珠郎」にはじまる、という。五つの子供なりに、この物語に、〈感じた〉のだと。
 〈だから親は心した方がいい。燃やし忘れた一束の古雑誌が一人の子供の心に薄暗がりの愉しみを囁き、蛍火の妖美を語りかけ、そしてその子は目を中空に泳がせて出口のない花迷宮へと迷い込んで行くのである。〉

 久世さんは、兄姉のものはもちろん、(職業軍人であった)父の書棚の本も、たいてい読んでしまった。それらの本は、父によって読まれた形跡が、ほとんどないものばかりだったという。それでいて、文学全集はもちろん、句集から、獅子文六に吉屋信子、相馬御風、賀川豊彦、徳富蘇峰、はてまた佐野学まで、とにかく雑多にならんでいた。
 
 〈あのころの父親はみんなそうだったのだろうか。書架に立派な本を並べ、大切そうに取り出してパラパラとページをめくり、満足そうにうなずいてまた元のところに戻す。そして、実際それらの本を盗み読みしていたのは早熟な娘や息子だった。〉
 その早熟なこどものひとりが、向田邦子であり、久世光彦だったのだ。

 ここで、この本の紹介から、はなしをうつさせてもらう。

 あなた(つまり、これ読んでくださっているあなた)が、ちいさいころの、父(べつに母でもいいが)の、あるいは家の書棚には、どんな本があったか、おぼえているだろうか。

 母は雑誌くらいしか読まなかったから、父の書棚のはなしになる。我が家には、本がなかった。ないわけではないが、そういうものではなかった。ぼくは早熟な子ではなかったけれど、中高生になってから読むような本も、ほとんどなかった。
 父の書棚にあるものは、しごとにかかわる法律の本だとか、手話やロシア語の学習テキストなどだった。行政六法のようなものばかりで、迷宮にさそってくれるようなあやしげな本は、まったくなかったと記憶する。
 
 だから、すこし背伸びをしようにも、じぶんで本を買うか、借りてくるかしなければならなかった。それがまさに背伸びであったために、書店のオヤジだとか図書館員といった大人たちに、背伸びでえらんだ本を知られるのが、とてもはずかしく、こわかった。そのことが、読書について、ぼくをずいぶんと奥手にしたとおもう。

 だから、父が、日本古典全集のようなものをそろえだしたときは、おどろいた。それ、どうするの、と聞くと
 「定年退職したら、じっくりと読むんだ」
と、うれしそうに答えたのが、とても印象にのこっている。 
[PR]
by taikutuotoko | 2004-09-29 03:29 | 本・雑誌・新聞・書店

ぶらり本をまた買った。

 コンビニで、イーエスブックスに注文していた本を受けとってきた。

 『ヨーロッパぶらりぶらり』(ちくま文庫/山下清著)
 『日本ぶらりぶらり』(ちくま文庫/山下清著)
 『昭和キャバレー秘史』(文春文庫PLUS/福富太郎著)
の三冊だ。

 “裸の大将”と“キャバレー太郎”。う~ん、なにか、ちかいものがあるような。……ないか。

 きょうは、なんといっても、デイリースポーツの一面に興味しんしん。といっても、タイガースの話題ではないよ。
 あとになったらリンク切れるかもしれないけど、いちおう
「新リーグ結成!四国4県4球団」
とかいうもの。来季から、四国に野球の独立リーグができるのだそうだ。ほんとかね。そしたらすごいなぁ。

 
[PR]
by taikutuotoko | 2004-09-28 19:26 | 本・雑誌・新聞・書店

アメリカの「知の触媒」たち。

 裏面カバーの紹介文から一部を書き写す(という楽をする)と
 〈雑誌ジャーナリズムと文芸出版の舞台裏に生きた「知の触媒」たち16人の仕事と人生を描いた、アメリカの名編集者列伝。〉

 『アメリカの編集者たち』(新潮文庫/常盤新平著)
を読んだ。雑誌連載が一九七七~七九年。単行本(集英社)が一九八〇年。で、この文庫が一九八六年に出ている。
 『平凡パンチ1964』(平凡社新書/赤木洋一著)
にも登場する清水達夫さんが、解説。
 
 なにせぼくは、外国の文学やら雑誌には無知なもので、この一六人のうち、『プレイボーイ』の創刊者ヒュー・M・へフナーくらいしか知らなかった。 
 ただ、登場する作家や作品、雑誌は、ぼくでも知っているような有名な名前がおおく出てくるから、興味さえあればよく知らなくても興味ふかく読めるし、くわしいひとならもっと愉しめるはず。

 ちなみに、その一六人は(目次から)
 ヘミングウェイを操縦した編集者―マックスウェル・パーキンス
 「エスクァイア」の創刊編集者―アーノルド・ギングリッチ
 「ニューヨーク」の創刊編集者―クレイ・フェルカー
 ハーパー・アンド・ブラザーズ社の名編集者―キャス・キャンフィールド
 「リーダーズ・ダイジェスト」の創刊者―デウィット・ウォーレス
 「モダーン・ライブラリー」からランダム・ハウス社へ―ベネット・サーフ
 オニール、フォークナーの担当編集者―サックス・カミンズ
 「コスモポリタン」の編集長―ヘレン・ガーリー・ブラウン
 「マドモアゼル」の編集長―ベッツィー・ブラックウェル
 「ニューヨーカー」の創刊編集者―ハロルド・ロス
 「ニューヨーカー」の二代目編集長―ウィリアム・ショーン
 ボブズ・メリル社を再興した編集者―ハイラム・ヘイドン
 スタインベックの担当編集者―パスカル・コヴィチ
 「プレイボーイ」の創刊者―ヒュー・M・へフナー
 『ゴットファーザー』の担当編集者―ウィリアム・ターグ
 「ヴァニティ・フェア」の編集長―フランク・クラウニンシールド

 ではひとつ、すてきなエピソード、というより、〈できすぎた話が伝わっている〉というのを紹介しようかな。

 「私はこの雑誌と結婚したんだ。雑誌のことしか頭にないんだ。」
とまでいった、「ニューヨーカー」のハロルド・ロスは、完全無欠な雑誌、まちがいのない雑誌をつくろうとした。が、その執念はちょっと〈度が過ぎていた〉らしい。
 〈たとえば、「ニューヨーカー」の巻頭のコラム、「街の話題」にエンパイア・ステート・ビルディングのことが載ると、ロスは調査部に命じて、この摩天楼に電話をかけさせ、たしかに存在することを確認するまで満足しなかったという〉

 そのほか
 『文字の力』(晶文社/平野甲賀著)
を読んだ、というか、眺めた。
 甲賀さんの描き文字装丁から五四点、それに未発表の架空装丁(乱歩の「屋根裏の散歩者」など)一二点をくわえた作品集。こうやってまとめて見ると、迫力あるなぁ。 
[PR]
by taikutuotoko | 2004-09-28 02:32 | 本・雑誌・新聞・書店

復刊「植草甚一スクラップ・ブック」、さっそく購入。

 本の発売日なんて、けっこういいかげんなものだよね。

 二八日が発売日だと新聞広告にあった「植草甚一スクラップ・ブック」の第一回配本分だけど、きっと、もう売られているだろう、というわけで、帰りに池袋のジュンク堂書店へ寄ってみたんだけど、うん、やっぱりあったよ。

 と、いうわけで、きょう買った本は
 『いい映画を見に行こう 植草甚一スクラップ・ブック1』(晶文社/植草甚一著)
 『ぼくの読書法 植草甚一スクラップ・ブック6』(晶文社/植草甚一著)
 『モダン・ジャズのたのしみ 植草甚一スクラップ・ブック12』(晶文社/植草甚一著)
 『いとしこいし 漫才の世界』(岩波書店/喜味こいし・戸田学編)
 『野中広務 差別と権力』(講談社/魚住昭著)
という五冊、あわせて九〇三〇円。うわぁ。

 地下鉄のなかで、ぼんやりと中吊り広告をながめていると、『週刊朝日』(十月八日号)の、「さらば近鉄バファローズ」という見出しが気になった。いや、タイトルはまったくありふれたものだけど、書き手がね、永沢光雄さん。これは読みたいなぁ。

 それにしても、合併後の新球団名「オリックス・バファローズ」っていうのは、残酷なはなしだ。いままでのブルーウェーブファンは、つらいだろうな。
 本拠地は大阪ドームになっちゃって、神戸でやる試合はグンと減ってしまうし、チーム名はバファローズ。ファンには「オリックスの名が残ってよかったね」とでもいうのだろうか。こんなの、オリックスという企業がブルーウェーブファンからチームを奪った、というのがただしいようにおもう。 
[PR]
by taikutuotoko | 2004-09-27 19:21 | 本・雑誌・新聞・書店

書皮(=ブックカバー)、を愛するひとたち。

 「書皮」っていうんだね、書店がかけてくれる紙カバーって。

 書皮友好協会
というサイトを、いま愉しんでいる。なんにでも、マニアックなひとたちはいるものだねぇ。また、リンクがいいんだ。

 そこからリンクしていった
 書皮の名刹
も、かなり愉しめる。ぼくがまえにブックカバー(つまり、書皮ね)について書いたときの文章までチェックしてあるし、びっくりだ。
(「書皮のインターネット・リソース」のなかの「日記の中の書皮」に、ぼくのブログの名があった。)

 
[PR]
by taikutuotoko | 2004-09-27 00:43 | リンク集

植草甚一と沢木耕太郎。

 もう書店には、「植草甚一スクラップ・ブック」(晶文社)の復刊第一回
 『いい映画を見に行こう』
 『ぼくの読書法』
 『モダン・ジャズのたのしみ』 
は、並んでいるのだろうか。九月から刊行開始、というだけで、発売日がよくわからない……と、おもったら、二八日発売だそうだ。新聞の広告に書いてあった。

 詳細は晶文社WONDERLANDで。

 前回の書き込みで、書名をあげて「読んだ」とだけ書いた
 『バーボン・ストリート』(新潮文庫/沢木耕太郎著)
は、けっこう有名な本だし、読んだことのあるひともおおいだろうから、内容までは紹介しなかった。でも、植草さん関係のエッセイもはいっているから、ついでに、それだけ紹介しておこうかな。

 『ぼくは散歩と雑学が好き』(晶文社)
という植草さんの著書があるが、沢木さんのエッセイのタイトルは
 「ぼくも散歩と古本が好き」
というもの。

 古本屋回りのあとの喫茶店で、沢木さんは、買ってきた古本にパラパラと目をとおしていた。そのなかには「スクラップ・ブック」の一冊、『植草甚一日記』があった。
 沢木さんが「思わず項を繰る手を止めてしまった」のは、その日記の記述のなかに、「遠藤」という古本屋の名前があったからだ。その遠藤書店があった経堂に、沢木さんも住んでいたことがあるという。
 
 で、そのころ、沢木さんは
 〈遠藤書店に寄ると、奥で椅子に坐り、古いアメリカのグラフ雑誌や均一本に眼を通している植草甚一の姿を見かけることもあった。〉
 〈遠藤書店で植草甚一を見かけるたびに、ひとこと話しかけてみようかなという気持ちが湧き起こったが、その都度、せっかく楽しんでいるのだからと思いとどまった。彼は本当に古本が好きそうだった。〉

 これは、ほんの書き出しのところなので、もし気になった方がいれば、どうぞ。 
[PR]
by taikutuotoko | 2004-09-26 22:45 | 本・雑誌・新聞・書店