<   2004年 06月 ( 33 )   > この月の画像一覧

酒に酔って、ひとに酔う。

 『にっぽん蔵々紀行』(光文社文庫/勝谷誠彦著)
 『大衆文化の原像』(岩波書店・同時代ライブラリー/佐藤忠男著)
を、読みおえた。もちろん、一日で読んだんじゃなくて、平行して何冊か読んでいるのがきょう読みおわったというわけだけど。

 テレビやラジオでも活躍している勝谷さんだけど、そういうところでは、かなり激しい意見をいう人という印象がつよいとおもう。また、カメラマンの「不肖・宮嶋」宮嶋茂樹さんのファンなら、その本の構成者として、勝谷さんを認識しているだろう。コラムニスト、ジャーナリスト、写真家、いろんな肩書きがある。
 でも、勝谷さんは、「紀行家」でもあるんだ。そして、その分野の本が、なかなかいいんだよね。

 この本は、その名のとおり、日本各地の蔵にいって、酒づくりにたずさわるひとたちや、それを支える酒好きたち、日本酒をうみだすその土地の文化や風土について書いたものだ。もちろん日本酒を、呑んでのんでノミまくるんだけど、その酒をいいあらわす表現もなかなかいい。もっぱらビールのぼくも、日本酒が呑みたくなっちゃうよ。
 日本酒のことをいろいろとかんがえていけば、とうぜん、それは日本そのものについて、の考察にもなってくるしね。

 「酒造りは、モノ作りじゃないんですよ。生き物相手の仕事なんだ。その微妙さは、米のツラ、酵母のツラ、麹のツラを見ながらの仕事なんです。たとえば米のツラは毎年違う。その年の米のツラを見て、造り方を決めるんです」
これは、石川県の清水酒造店・清水社長のことば。
 
 二十二の章があるけど、勝谷さんが育った神戸、震災の傷跡がいまものこるその地について書いた『よみがえれ 神戸の街と灘の酒』という章や、酒呑みたちの夢がほんとうに特別列車を走らせてしまった『秋田-米子千百キロ 「地酒列車」が運ぶ夢』などなど、読み応えたっぷりだ。
 
 そういや、ぼくの実家、新潟なんだけど、高校のとなりは日本酒の蔵だったなぁ。

 佐藤さんの
 『大衆文化の原像』
は、ほとんどが著者まだ二十代のころのもの(一九三〇年生まれ)。なかでも「少年の理想主義」は、雑誌『少年倶楽部』の影響などを知るにも、とても重要。

 雑誌『en-taxi(06)』を購入。
[PR]
by taikutuotoko | 2004-06-30 22:43 | 本・雑誌・新聞・書店

読書にも、流れがある。

 池袋の古本屋にいったら
 『似顔絵物語』(白水社/和田誠著)
があった。きのう読んだ
 『装丁物語』
の姉妹編のようなので、購入。
 
 それから
 『紅茶を受皿で イギリス民衆芸術覚書』(晶文社/小野二郎著)
もあったので買うことに。小野さんは、きのう平野甲賀さんについて書いたときに名前をだしたけど、晶文社を設立したひとり。

 けっきょく、二冊で一七〇〇円。予算オーバーで、夕飯はぬいたよ。ほんとうは、べつの本を買いにいったんだけど、流れからしてこの二冊を買うのが自然だったからね。

  たとえば、いままでなじみのなかった名が、その日読んだ複数の本、それもあんまり共通点のないような本に、つづけて出てきて、なにか妙に印象にのこったりすることあるでしょう。そういうときは、いまはぼくのなかでそういう流れなんだから、それを無視しちゃいけないな、とかおもって、それについて調べたり、関係した本を読むことにしているんだ。まぁ、本を買ってきても、ツンドク状態のままになっちゃうことも多いけど。

 読書にも、流れとか、そういうものがあって、それを大事にすると、また発見があって愉しいもんだよ。 
[PR]
by taikutuotoko | 2004-06-29 23:57 | 本・雑誌・新聞・書店

「装丁」あれこれ・和田誠。

 きょう読んだのは
 『装丁物語』(白水社/和田誠著)
なんだけど、和田さんも甲賀さんとおなじくらいなじみふかいなぁ。小林信彦さんの本でも、ずいぶんやっているし。

 甲賀さんといえば文字だけど、和田さんといえばイラストの印象がつよいよね。とくにあの似顔絵だ。ジャズや映画なんかの本には、和田さんによる似顔絵が、さいこうにあうものねぇ。
 でも、和田さんの装丁は、イラストレーター和田誠っていうところからだけじゃ、その一部しか語ってないってことになるっていうことが、この本を読んでいけばわかるんだ。それからあらためて和田さんのデザインした本を手にしてみると、イラストレーター和田誠をつかいこなすデザイナーとしての和田誠っていうことが、よくわかる。それから文字へのこだわりも。

 この本のなかで、和田さんが装丁したいろんな本について説明してくれていて、写真でもたくさん見ることができるんだけど、言葉の説明ですごく興味がわいたのに写真はのっていない本なんかは、もう見たくてしかたなくなるよ。

 文庫の場合はカバーだけをデザインすることになるから単行本の仕事とはまたべつだというおもいが和田さんにはあるけど、文庫と和田さんの意外なつながりも書いてある。明治~大正のころにあった「袖珍文庫」の、発行人になっていたひとが母方の祖父だっていうんだけど、こういうエピソードもたのしいね。

 画材・紙についてとか、自装のばあいは地味にしたりすることもあるって話もおもしろいけど、なんといってもこの本で読みどころは、バーコードについてなんだ。和田さんは、デザインのこと、そして読者・著者のことを無視したようなかたちでバーコードの決まりごとができていったことが、とってもなっとくいかないとかんがえている。
 だから、バーコードをいれなきゃいけないばあいは、帯に印刷したり、規定の場所から位置をかえたり、いろんな工夫をしているよ。それは、いまでもそうだし、この本もじっさい、バーコードがない。そういう方針にしたら、装丁の依頼は激減したと書いてあるけど、やっぱりなっとくのいかない仕事はしたくないっていう気持ちなんだね。

 平野甲賀さんや、和田誠さんのほかに、菊池信義さんや田村義也さんら十一人をとりあげているのが
 『装幀時代』(晶文社/臼田捷治著)
だ。とてもおもしろいよ。

 きょう買った本は
 『にっぽん蔵々紀行』(光文社文庫/勝谷誠彦著)
の一冊。飯田橋の文教堂書店にて。
 
[PR]
by taikutuotoko | 2004-06-28 23:38 | 本・雑誌・新聞・書店

「装丁」あれこれ・平野甲賀。

 きのうは植草甚一さんの本を買ったんだけど、植草さんといえば晶文社、晶文社の本の装丁(ブックデザイン)といえば、やっぱり平野甲賀さんてことになるよねぇ。ある時期までは、甲賀さんが一手にひきうけていたわけだから。

 『平野甲賀〔装丁〕術・好きな本のかたち』(晶文社/平野甲賀著)
は、『シリーズ〔日常術〕』のなかの一冊(一九八六年刊)だ。
 
 甲賀さんに装丁の依頼がきてから本の完成までの仕事のすすめ方をみせてくれて、そのあいだに、甲賀さんの装丁観とか、過去の作品についてのコメントなんかがはさまっている。写真もいっぱいだ。
 甲賀さんといえば、なんといってもその文字だよね。うれしいのは、その書き文字が、完成にむかっていく流れなんかも、この本では見ることができるんだ。

 しかも。
 この本のなかで、じっさいにデザインしていく本が
 『小野二郎著作集』
の第一巻の
 『ウィリアム・モリス研究』
なんだ。
 ぼくはこの本をもっているわけじゃないんだけど(かなり高いんだよねぇ)、晶文社をたちあげた人のひとりが小野さんだってことは知っていたから、とっても気にしていた人なんだよ。五十二歳でなくなってしまったらしいんだけど。
 欲しいなぁ、この本。
  
 ぼくのだいすきな小林信彦さん、その本の多くで、甲賀さんが装丁を担当しているんだ。だから、ぼくのすきな本のかなりが、甲賀さんの装丁なんだよね。なにげなく読んだ本が、それぞれは内容も著者も関係ないのに、三冊くらいつづけて甲賀さんの装丁だったりするもんなぁ。すごいや。

 本屋の棚から「これ甲賀さん!」とか、「義也さん!」、「和田さん!」なんておもいながらひきぬいて確かめるゲームを、ぼくはときどきやったりする(いまあげた三人は、いちばん判別が簡単な装幀家だけどもね)。どう、やってみない?
[PR]
by taikutuotoko | 2004-06-28 22:47 | 本・雑誌・新聞・書店

なんとも頼りないチラシ。

 またまた江古田に、散歩がてら本を買いに行ってきた。
   
 さいしょに、ブックオフにいったんだけど、一〇五円棚にはこれというものがなかった。それで、サブカルチャー棚をみると
 『植草甚一コラージュ日記① [東京1976]』(平凡社/植草甚一著/瀬戸俊一編)
 『植草甚一コラージュ日記② [ニューヨーク1974]』(平凡社/植草甚一著/瀬戸俊一編)
があった。

 ほんとうはこういうまだ新しい本は新刊書店で買いたいんだけど、財布をのぞけばそうもいっていられない。各九五〇円とあまり安くないが、購入。このブックオフは価格設定なんかがほかと違うらしい。高田馬場北店や東中野店などの仲間ということ。専門書とか、けっこうイイ本があったりする。

 買った袋にはいっていたチラシには
 《私たち5店舗では、きれいなだけで一律に買い取り値段を付けておりません》
 《私たち5店舗では、「本はまず内容ありき」と信じております》
 《私たち5店舗では、良い本は普通の本よりも価値があると考えます》
などといろいろ書いてある。逆にいえば、ふつうのブックオフがいかなるものか、ということがわかるねぇ。
 《でも稀覯本などは神田・早稲田の専門古書店に持っていくことをおすすめします》
とあるのは、親切というべきか、いらぬ心配というべきか。

 つぎに根元書房日芸前店へ。

 『戦後・日本文壇史』(朝日新聞社/巌谷大四著)
 『懐かしき文士たち 戦後篇』(文春文庫/巌谷大四著)
 『幕臣列伝』(中公文庫/綱淵謙錠著)
この三冊は『時代を創った編集者101』を読んだ影響で購入。

 『世の中 与太郎で、えじゃないか』(青春出版社・PLAYBOOKS/立川談志著)
 『首なし事件の記録 挑戦する弁護士』(講談社現代新書/正木ひろし著)
 『日本怪奇物語』(日本文芸社・RakudaBooks/平野威馬雄著)
の六冊で、あわせて千百円なり。
 
 平野威馬雄(故人)さんは、平野レミさんの父で、つまり和田誠さんの義父。
 ぼくは他に、ちくま文庫の
 『陰者の告白』
 『くまぐす外伝』
 『平賀源内の生涯 甦える江戸のレオナルド・ダ・ビンチ』
をもっているよ。かなり、あやしげで壮絶な経歴をおもちの人のようだ。

 その他、コンビニで雑誌を二冊。そろそろ新刊を買いたいなぁ。
[PR]
by taikutuotoko | 2004-06-27 20:07 | 本・雑誌・新聞・書店

武田流「国家」についての考察。

  『偽満州国論』(河出書房新社/武田徹著)
を、いま読みおえたばかりだ。

 ぼくのところでもリンクさせてもらっている「読書手帖 / 引用の織物」で、ジャーナリスト/評論家の武田徹さんの本をとりあげている。ぼくも武田さんのは何冊か読んでいるから、じゃあぼくも、とおもって、まだツンドク状態のがあったから、これだな、と読んだわけ。

 中国にとっては、「満州国」は「なかった」。それも徹底的に。だから、いまのこっている「満州国」時代の建物には、「偽」がついている、という。「偽国務院、偽皇居、偽法務院……」と。
 さいしょのこのエピソードからいきなり、ぼくはこの本にのめりこんでしまった。
 
 でも、この本は、「満州国」についての本、ではない。「満州国」と、それに関係した人物や本などから、「国家」そのものを語っているんだ(ほんとうは、それもちょっと違うんだけど、それは自分で読んで、とした方がおもしろい)。だから、「偽」なのは、「満州国」でもあり、「近代国家」そのものでもある、ということ。
 
 いぜん、清沢洌の本の話をかいたけど、この本では、清沢が重要な位置をしめる。
 本論のスタートは、清沢の「甘粕と大杉の対話」という架空対談(『清沢洌評論集』(岩波文庫)に収録されているよ)が、かなり長めに引用されるところからだし。

 さいわい、この本はまだ品切れにも絶版にもなってないようなので、ぜひ実際に読んでほしいから、この先はあまり書かないけど、大杉栄や甘粕正彦、石原莞爾・吉本隆明・石橋湛山・宮沢賢治…という名前にひっかかりがあるひと、「国家」と言葉の関係、そしてインターネットと「国家」、に興味のあるひとは、とってもスリリングな読書タイムをすごせるとおもうよ。
 ぼくとしては「星ッ、みっつですっ!」だ。

 武田さんについては
 『批評の事情 不良のための論壇案内』(原書房/永江朗著)
でとりあげられているから、どうぞ。
 
 
[PR]
by taikutuotoko | 2004-06-27 18:59 | 本・雑誌・新聞・書店

編集者のお気に召さない小説たち。

 編集者についての本を読んだばかりなので、それに関係するのを一冊。

 『まことに残念ですが… 不朽の名作への「不採用通知」160選』(徳間文庫/アンドレ・バーナード編著/木原武一監修/中原裕子訳)

 なんとも親切なタイトルで、もうそのまんま。海外の小説にまったく疎いぼくには、このなかにでてくる作品たちがどのくらい名作なのかはよくわからないけれど、そのぼくでも知っているような作品も、すんなり世に出たわけではなかった。けっこうつめたい言葉のかかれた断り状を送られたりしているんだねぇ。出版社、ということはつまり編集者が、「見込みなし」と判定した、のちの「名作」たち。結果的にはその編集者は大失敗、ってことになるんだろうけど、かわいそうではあるね。

たとえば

 パール・バック『大地』~「まことに残念ですが、アメリカの読者は中国のことなど一切興味がありません」

 コナン・ドイル『緋色の研究』(これはさすがに読んだ)~「連載するには短かすぎ、読み切り物としては長すぎる」

 コンラート・ローレンツ『人イヌにあう』~「……あえて翻訳出版してまで、注目を浴びようと吠えたてる多くの犬の本と競争させるだけの価値はない」

 バーナード・マラマッド『アシスタント』~「深みも、説得力もなく、どこからどう見ても、駄作。批評家に受けるとも、十分な販売利益をあげるとも考えられない。読めば読むほど憂鬱になる」

 バーナード・ショー『不合理なきずな』~「もっとも腹立たしい類の小説。この本の思想はすべて間違っとる。どこもかしこも奇異で、ひねくれており、未熟である。これはまったく何もわかっとらんやつが人生訓をたれた作品だ」

 その他、『白鯨』『ノーサンガー寺院』『キャッチ=22』『アンネの日記』などなど。
 
 うーん、もしかしたら、この世でもっともすばらしい小説は、出版社からつきかえされていまは机のひきだしに眠っている、のかもしれない。
 
 
[PR]
by taikutuotoko | 2004-06-27 02:40 | 本・雑誌・新聞・書店

なかなか便利な出版史。

 すこしずつ読んでいた
 『時代を創った編集者101』(新書館/寺田博編)
を読みおえた。人物でみる出版史という感じもしておもしろい。これからいろんな本を読むうえでも、とても役立つ知識をえられた。おもしろくて便利な本、という感じだ。

 とりあげられている人は一九三一年生まれマデ、と区切っての選考。人選が妥当かどうかはぼくにはわからないが、べつに「編集者ベスト101」というものではないので、どんな顔ぶれでもかまわないだろうし、ぼくでも名を知っているような有名な編集者ばかりなので、そのへんは問題ないとおもう。執筆陣もなかなか豪華だ。

 ただ、なっとくいかないところもある。「大宅壮一」の項の担当が大宅映子で、書いていることもクダラナイ。さいごに「さぞかし父は嘆くであろう」だなんて「父」を引っ張りだして、自分の擁護に利用しているような文を書くんじゃない!

 で、本文も(一部をのぞいて)いいのだけど、関連資料として「出版社創業年/雑誌創刊年」の年表がついていて、これがおもしろい。江戸時代から二〇〇二年までの主要な出版社と雑誌のうまれた年をパッと見ることができるのです。

 たとえば、一九六〇年、このとしには、晶文社・リクルート・後にサンリオになる山梨シルクセンター・潮出版社がうまれている。あぁ、なんという顔ぶれ。共通点のなんにもなさそうな各社が、じつは同級生なわけ。

 出版社の名前をみながら、あぁここはあの本をだしたところだったな、なんて思いだしながらボオッとするのもいい。あの雑誌すきだったなぁ、とか。
 
 いつまでもページをめくらない読書、そんなのも愉しいとおもう。
[PR]
by taikutuotoko | 2004-06-26 23:50 | 本・雑誌・新聞・書店

スコブルおもしろい外骨。

 きょうは
 『過激にして愛嬌あり 宮武外骨と「滑稽新聞」』(ちくま文庫/吉野孝雄著)
を読んだ。

 文庫で宮武外骨モノといえば、ちくま文庫か河出文庫ということになるね。
 ぼくのもっている本で外骨モノといえば
 『宮武外骨』(河出文庫/吉野孝雄著)
 『滑稽漫画館』(河出文庫/宮武外骨著/吉野孝雄編)
 『面白半分』(河出文庫/宮武外骨著/吉野孝雄編)
 『猥褻風俗事典』(河出文庫/宮武外骨著/吉野孝雄編)
 『刑罰・賭博奇談』(河出文庫/宮武外骨著/吉野孝雄編)
 『明治奇聞』(河出文庫/宮武外骨著/吉野孝雄編)
 『新編予は危険人物なり 宮武外骨自叙伝』(ちくま文庫/宮武外骨著/吉野孝雄編)
 『学術小説 外骨という人がいた!』(ちくま文庫/赤瀬川原平著)
などで、ほかにも、ひとつの章を外骨にさいているような本ならいくつもある。

 というように、いちおうぼくも外骨ファンなわけだ。なかでも、きっかけとなったのは最後にあげた赤瀬川さんの本で、これはぼくがちくま文庫ファンになったきっかけでもあるし、赤瀬川さんの本でさいしょに読んだ本でもある。つまり、とっても思い出ふかい本なわけ。いまでも容易に手にはいるから、まだ外骨をしらないひとはここからはじめるといいとおもうな。

 それから、さいきん新潮文庫にはいった松田哲夫さん(TBS『王様のブランチ』でもおなじみヒゲのオジサン)の
 『編集狂時代』
にも、赤瀬川さんたちが外骨の雑誌と出会ったころのはなしがのっている。ぼくは本の雑誌社版で読んだけど、とうぜん文庫版も買ったよ。ちくま文庫ファンとしては必読の一冊だよね。何度、おもしろくてしかたなかった本の「あとがき」に松田さんの名を見たことか。きのう読んだ井出孫六『峠をあるく』にも、でてきたものなぁ。

 堀込兄弟の「キリンジ」、ぼくはだいすきなんだけど、シングル「牡牛座ラプソディ」に収録されている曲に「癇癪と色気」っていう曲がある。兄・高樹の作。ということは、堀込高樹は宮武外骨をしっているのだろうか (外骨のばあいは「肝癪と色気」だったかな)。
[PR]
by taikutuotoko | 2004-06-25 23:47 | 本・雑誌・新聞・書店

「日記」あれこれ。

 ゆうがた、池袋の古本屋にいってきた。まえに見かけた本で、興味がその方向に行きだしたから、買おうとおもったわけ。でも、ひと月まえにみかけた本がまだ棚にあるかっていうのは、けっこう心配でね。

 よかった、ちゃんとあった。
 『日記の虚実』(新潮選書/紀田順一郎著)
で、一五〇〇円した。ちょいと高いが、状態はきれい、墨筆の署名と印入り。高いという気はしない。

 ほんとうは、ちくま文庫版が欲しかったんだけど、それは、『古川ロッパ昭和日記』の章があるからなんだ。新潮選書版にはないみたい。ざんねんだけど、こんかいこの本が欲しくなったのは、「日記」というものに興味がわいたからだから、いちおうヨシとして、その章は図書館で読むことにしようっと。

 なんとか日記、という本がぼくはけっこうすきで、いろいろと読んでいる。とにかくたくさんあるからねぇ。日記というかたちの連載モノ、プライベートな日記をのちに公開したもの、など、種類はいろいろある。いちおうプライベートでも、公開を意識してかかれたものっていうのもあるし。ぼくとしては、どんなものでもかまわない。おもしろいものが読みたいだけだ。愉しみ方はそれぞれちがうけど。ブログがこんなにひろまりだしているのも、みんなが「日記」モノを読むのがすきだからだろう。

 どんな作家や評論家にも、「なんとか日記」という本や連載があるような気がするけど、それはやっぱり書きやすくておもしろいからかな。

 山田風太郎さんの
 『戦中派不戦日記』(講談社文庫)
 『戦中派虫けら日記 滅失への青春』(ちくま文庫)
などのおもしろさは、わすれられない。

 色物(雑誌の連載、しかも絵日記)だけど、山藤章二さんの
 『アタクシ絵日記 忘月忘日』(文春文庫)
というシリーズは、PART8まであって、とてもわらわせてくれるのですきだねぇ。

 小林信彦さんだと
 『1960年代日記』(ちくま文庫)
というのがあって、ぼくは図書館で読んだ。もっていなくて、さがしている一冊。
 でも、ぼくとして気になるのは、小林さんはむかしからずっと日記をつけているようで、いろいろな作品のなかで、その日記にたよった記述をしていることだ。だから、いつかはその日記が本として出版されることになるのではないか、ということが、とっても気になるわけ。

 きょう読んだ本は
 『歴史紀行 峠をあるく』(ちくま文庫/井出孫六著)
「峠」という字は日本うまれ。じつによくできた字だよねえ。
[PR]
by taikutuotoko | 2004-06-24 21:46 | 本・雑誌・新聞・書店