このところ他のブログもろくに読んでなかったので、いまごろ「書店員の話」学研新書が6月創刊に気づく。


 月曜。帰りに神保町「小宮山書店」で
 『猫舌流 英語練習帖』(平凡社新書/柳瀬尚紀著)
を、一〇〇円。時間があったので喫茶店で読む(ほんとうは辞書をひきながら読まないとダメな本なのだが)。
 「寄港市」最終日、片付けの時間に「ダイバー」へ。ざっと片し、ダイバー内でかんたんな打ち上げ。ブログの人ではNEGIさんnz00さんバナナジュースさんが。nz00さんは箱の名から「泥棒さん」と呼ばれていたのがおもしろい。

 火曜。寄港市の売り上げで本が買えるぅ、とウレシイ帰り道。「書肆アクセス」で
 『ブンブン堂のグレちゃん 大阪古本屋バイト日記』(イースト・プレス/グレゴリ青山著)
を買う。「東京堂書店」で『文字の母たち Le Voyage Typographique』(インスクリプト/港千尋)て写真集を見かけたんですが中を開いて見ることはできず。「三省堂書店」で
 『『洋酒天国』とその時代』(筑摩書房/小玉武著)
を購入。とりあえずこの日はこれだけに。

 『こども風土記 母の手毬歌』(岩波文庫/柳田国男著)
を読んだ。

 このところ生活がぐちゃぐちゃだったので、とりあえず立て直そうかと。本も読まねばならんしブログもさぼらないように、と。あとあれだ、米、きれてた米を買ってこないと。


 「ふぉっくす舎 NEGI のページ」『海炭市叙景』に出会うときのコメント欄。
 
[PR]
by taikutuotoko | 2007-05-30 11:36 | 本・雑誌・新聞・書店


<< 。 あやしいふたり。 >>