安吾の文庫を五冊入手。

 ひさしぶりに江古田の「ブックオフ」へ。

 『安吾新日本地理』(河出文庫/坂口安吾著)
 『夜長姫と耳男』(角川文庫/坂口安吾著)
 『安吾史譚』(河出文庫/坂口安吾著)
 『安吾新日本風土記』(河出文庫/坂口安吾著)
 『道教・狂人遺書』(角川文庫/坂口安吾著)
が、三五〇円、三〇〇円、二五〇円、二五〇円、一五〇円。
 『九番目の夢』(新宿書房/鈴木博文著)
 『みんな不良少年だった ディープ・インタビュー』(河出文庫/高平哲郎著)
が、一〇五円。

 『会社法入門』(岩波新書/神田秀樹著)
を読んだ。そういえば新しい岩波新書、にとべさんに言われるまで、表紙のタイトルが横書きから縦書きになったってこと、気づかなかったなぁ。

 きのう話題にした光文社の『本が好き!』に追加情報。「書店員の話」光文社の小冊子創刊と「東川端参丁目の備忘録」光文社「本が好き!」 をどうぞ。

 「生活日報」デザイン解体新書で気になっていた『デザイン解体新書』(ワークスコーポレーション)。監修の工藤強勝さんのトーク&サイン会が、神保町の「三省堂書店」であるらしいぞ。くわしくはここを。また、工藤さんがらみの情報がきょうのdaily-sumusに出ているぞ。

 それと。武田徹さんの「オンライン日記、六月七日の「ノート」が印象に残っている。
[PR]
by taikutuotoko | 2006-06-09 20:50 | 本・雑誌・新聞・書店


<< カンコンソーサイ。 書店事情まるわかり的リンク集。 >>