購入本&「まだ来るな」。

 本を買うのは控える、というはなしだったはずだが、なんだかんだで、本を買うのはメシを食うのとおなじ。安いものなら仕方あるまい。

 ふつうに書店で買えばいいようなものだが、なぜかイーエスブックスに注文してあった
 『神田神保町古本屋散歩』(毎日新聞社)
というムックを、コンビニで受けとってきた。しっかし、届くのにずいぶんかかったな。

 ブックオフは、ちょっと棚をみるだけ、の予定だったが
 『読売巨人軍再建のための建白書』(角川文庫/草野進・渡部直己著)
 『ポップス イン ジャパン』(新潮文庫/萩原健太著)
を買う。二〇〇円と、四〇〇円。

 地震のはなし。
 「来週そっちに行くから」と、小千谷の実家に連絡したのだが、まだ来なくていい、といわれてしまう。まだ片付けも出来ないし、あるていど物資もあるのだから、余震が止んで、片付けが本格化したら来てくれ、とのこと。
 
 ぼくとしては、実家の方では必要でなくとも、避難所の手伝いやらなにやらはできるだろうから、行くつもりだったのだが、「いまムリして休みをとってしまって、本当に来てほしい時期に来づらくなると困るから、そっちに居てくれ」と言われてしまい、しかたなく様子をみることにした。こっちに居る方が落ちつかないのだが。

 とりあえず、車内生活は気をつけないと危険である、というニュースが流れているので、その点を注意するよう、伝えておいた。

 この地震のせいで、台風被害の方があまり注目されず、支援があつまらない、とのこと。(ほんのすこしだが)お金でも送ろうか、とおもう。どの地域がとくにひどいのだろう。
 ただ、きょうは仕事で、ぼくの管理ミス(?)があり、その穴埋めに、自腹で一万円だしたばかり。この時期に、これは痛い。  
[PR]
by taikutuotoko | 2004-10-29 20:55 | 本・雑誌・新聞・書店


<< 購入本&地震被災地情報のブログ。 きのう、きょうのこと。 >>