放送禁止歌。

 一三日の「朝日新聞」夕刊に
 「フォーク歌手 山平和彦さん ひき逃げ?死亡」
という訃報記事が載っている。ひき逃げだなんて、ゆるせねぇはなしだ。享年五二。

 山平さんは、七〇年代に活躍されたフォークシンガーで、七六年に引退していたが、〇一年活動再開していたという。これから紹介する本は、その活動再開のきっかけになったものだ。

 『放送禁止歌』(知恵の森文庫/森達也著)
の著者は、オウムのドキュメンタリー映画『A』『A2』でも有名な映画監督・ドキュメンタリー作家。著書も多数。

 山平さんには、『放送禁止歌』というレコードがあった。ファーストアルバム。同名の先行シングルは、「放送禁止」にされた。このアルバムも八曲中、三曲が規制にあっている。
 
 ところで、「放送禁止歌」って、なんだろうか。
 
 TVディレクターだった森さんは、「放送禁止歌」という規制についてのドキュメンタリーを企画する。番組づくりのなかで見えてきた、意外な事実。そして、問題の本質は……。
 この本は、かなり重い内容を含んでいる。山平さん追悼の意味もこめて、積極的にすすめたい一冊だ。(山平さんも登場します)
[PR]
by taikutuotoko | 2004-10-14 03:10 | 本・雑誌・新聞・書店


<< 最後に何を聴きたいか。 「今日の稗史として」。 >>