生ヨシオ。

 木村衣有子さんから新宿ジュンク堂のトークに出るのだときいた。新宿東口「ベルク」・迫川尚子さんの『食の職~小さなお店ベルクの発想』(P-Vine Books)刊行記念イベントで、迫川さんと井野朋也(『新宿駅最後の小さなお店ベルク』)さんというベルク夫妻に木村さんが話を聞く、というかたちなのかな。ちょうど、平井玄『愛と憎しみの新宿』(ちくま新書)で「ベルク」や迫川さんの写真集『日計り』のことを読んだばかり。バスで、たまにしか行かない新宿まで出て、ジュンク堂で予約をすませ、昼めしをはじめての「ベルク」でとった。なんだ、いつもとなりの立ち食い蕎麦屋でてきとうにすませながら、「楽しそうな店があるなぁ」と思っていたそこが「ベルク」だった。

『食の職~小さなお店ベルクの発想』刊行記念トークイベント
迫川尚子(ベルク副店長)×木村衣有子(文筆家)×井野朋也(ベルク店長)
日時:2010年10月1日(金)18:30~(開場18時)  入場料:1000円 (1ドリンク付き、試食試飲あり)
場所:ジュンク堂書店 新宿店 8Fカフェ     予約:7Fカウンター、TEL 03-5363-1300


 都営新宿線で神保町へ。東京堂へ行くと、日時を記憶ちがいしていてあきらめていたトークイベントにおもわず出くわす。5分前なのであわてて会場へ。混んでいたけどなんとかもぐりこむ。

『階段を駆け上がる』(左右社)刊行記念 鴻巣友季子氏×片岡義男氏 トークイベント
「運命が生まれるとき」



 生ヨシオである。

 70歳。


 若い(50代ですな)。かっこええ。身長はあまり高くないけど。そんでもって、鴻巣さんがまたこれがたいへんお綺麗であります。ただ、私がふたりのお姿を見られたのは入場のときとトーク終了後のみ。壇がなくてイスがまっすぐ、中央列の後ろ側となると前のひとの頭しか見えない。おふたりの、これがまたイイ声!であるのをラジオだと思って聴く。そういえば片岡さんはラジオもやっていましたからねぇ(聴いたことはないけれど)。
 頭と頭のあいだから、鴻巣さんが持参したヨシオ本の山だけが見える。付箋がいっぱいだ。鴻巣さんのよく準備された質問とヨシオの渋い声(文声一致!)の回答がつづく。鴻巣さんがヨシオの小説ついて「関係が関係になる前の関係を書くのが上手い」と言っていた。人称についてのはなしから毎日新聞の堀江敏幸さんによる書評についてはヨシオ、「ついにでた」との感あり、とのこと。翻訳家である鴻巣さんとの、いわゆる「翻訳文体」と呼ばれるヨシオ文体についてのやりとりはおもしろかった。サインいただいて帰る(ヨシオだなんてすみません、大好きです)。
a0026500_22181764.jpg



 そういえば新宿ジュンクでもらってきたもの。映画化された吉田修一の『悪人』について、文庫サイズで80Pもある「いちばん好きな場面を教えてください」というフリー冊子があって、読んでなくてもなかなか楽しめます。


 「わめぞ」でも注目のトークイベント!!! 
 
 9月19日(日)、「鬼子母神通り みちくさ市」と同時開催です。

『活字と自活』増刷&『書肆紅屋の本』刊行記念
ワメトークVol.7
「ぼくたちが見てきた『本のお仕事』」   荻原魚雷×空想書店 書肆紅屋


日時:2010年9月19日(日)13:00~14:30(開場12:30)
※同時開催のみちくさ市が順延になってもこの日に開催します。
会場:旧高田小学校1階 ランチルーム(東京都豊島区雑司ヶ谷2-12-1)

募集人数:30名   入場料:500円
※お名前
※人数(別々に御来場の場合は全員のお名前をご記入ください)
※電話番号(携帯だと助かります)
をご記入の上、下記メールアドレスに送信してくださいませ。

wamezo.event●gmail.com

(●を@に変えて送信してください)

「朝日新聞」著者に会いたい 活字と自活 荻原魚雷さん
『活字と自活』(本の雑誌社)
ブログ:「文壇高円寺

『書肆紅屋の本―2007年8月~2009年12月』(論創社)
ブログ:「空想書店 書肆紅屋





 
[PR]
by taikutuotoko | 2010-09-11 22:09 | 本・雑誌・新聞・書店


<< レポ! 池袋に。 >>